2014年09月14日

電子ノートWG-S20その後

4974019789224

結局、池袋のヤマダ電機でシャープのWG-S20を買った。
12000円ぐらいした。
旧機種も2つ展示されていて、つまり3機種を10分ぐらい試してみた。
付属のペンが書きやすかったのと、スケジュール帳のフォームがあったので、コレにした。
※フォーム機能はスケジュール帳などを利用する場合、結構重要。対応しているのはWG-S20とN20だけ。

ペンの書き具合はちょっとクセがある。
いつも使い慣れた水性ペンのつもりで早書きすると、文字がかすれる。
若干強めの力で、普通の速度(早書きよりもやや遅く)で書く必要がある。
このあたりのペン感度を敏感にしてしまうと、ペンタッチのノイズまで描かれてしまうのではないかと推測する。

画面が6インチと小さめなので、デカイ字を書く私にはちょっと狭いかも。
メモ用紙感覚で新規ページを追加して、ガンガン書いているが、あとで目的のページを探すのに、ペラペラとページをめくっていかなければならない。
だが、用事が済んでしまって不要なページを削除できるのは便利。
ルーズリーフノートよりも楽だ。
画面の大きさについてはシャープの開発時にいろいろと試行錯誤したのだろうと思う。
でも、そろそろ10インチぐらいのやつがあってもいいのでは。重量は増えるだろうけども。

さて、電子ノートを導入してから、紙のノートは使わなくなったが、コピー用紙の裏など、メモ用紙は相変わらず使っている。
上司から急に呼び止められて口述を早書きしたのだが、かすれて後で判読できなかった。結局、メモ用紙にペンで書き留めて、後で重要な部分だけを電子ノートに書き写す、ということをしている。

なにも、いちいちメモしなくても・・・、と上司は言うのだが、一日にいくつものタスクをこなしている関係で、メモしておかないと、まずかなりの高確率で忘れてしまう。
メモをしていても、メモを無くして忘れてた、ということもある(苦笑)
だから大学ノート(30枚60ページ)は1ヶ月も保たない。そういうノートも何冊も持ち歩くたくない。大事なことは別のノートにまとめて書き写して・・・、なんてことをやっていた時期もあったなぁ・・・。
だからシャープの電子ノートはなんとかして使いこなしたいと思っている。

電池の保ち具合はカタログスペック通りだと思う。30日は保ちそうな感じ。
バッテリーメーターは電池マーク3つが点灯でフル。残り1つになったら充電してみた。(購入してから2週間ぐらい。購入時は2つ点灯していた)

フォームやリフィルを追加できる機能はなかなか面白そうだ。
試しに東京都と大阪府の地下鉄路線図、度数換算表、定規、各都道府県の名産品リストなどを入れてみた。携帯のネットで調べられることだとは思うが、小さな携帯の画面でネットサーフィンは苦痛以外の何者でもないので、オフラインでデータを常に持ち歩いておこうと思う。
今後、自分なりのリフィルを作ってみるのも良いかも知れない。
シャープはかつてザウルスシリーズなどPDAでは定評のあるメーカーだ。
こういう電子ノートのようなビジネスで使えるツールを今後も出していただきたいと思う。

posted by 花花牌子 at 21:03 | 大連 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。