2015年02月21日

春節休暇も終わり、明日、日本へ戻ります

まだ、夕方から夜にかけて花火と爆竹がやかましい大連です。

駐車している車に花火の燃えカスがコンモリとあり、ウンザリとさせられます。
連日の曇り空で、PM2.5が飛び交っています。毎日痰が絡んで仕様がないです。
そんなわけで自宅には空気清浄機が設置され、夜は比較的快適に眠れます。
とは言っても、昼間は暑いので、少し窓を開けて外気を入れているのですが。

そんなわけで、一週間の休暇も終わり(毎日、日本からの電話とメール対応でちっとも休みじゃなかったですが)、明日、日本へ帰ります。
帰ると言っても、関西方面出張で、一週間。レンタカーを借りて、あちこち移動します。
今やすっかり日本の生活に慣れてしまったので、正直なところ中国を離れられて少しホッとしています。

インフラというかサービスに対してですかねぇ。
春節中の食事はあまり美味しくなかったし、買い物するにも、日本の品揃えのようにはいかないし、服務員の態度もダメダメで・・・
そう言えば、成田での飛行機に乗る際、天井の荷物収納スペースが一杯で自分のを入れられない。同じ列の向かい側に座ろうとした日本人商社マンらしき人が、
「三人掛けの椅子に一人しか座っていないのに、どうして荷物収納スペースが既にいっぱいなのだ?おかしいだろ」
と客室乗務員に言ってました。(ちゃんと中国語で)

全くもって同感です。
私の手荷物も、結局前の座席の下に押し込むハメになりました。
小型のスーツケースを機内に持ち込んだり(預け荷物をピックアップするのに待たされるのが嫌だから)、あとは大量の免税店のおみやげですね。
日本にとっては中国人はたくさん消費してくれる良いお客さんなわけですが、春節シーズンに中国へ向かう飛行機では致し方ないことなのでしょう。

機内のサービスも、一度JALを体験してしまうと、中国系航空会社はツライです。
好きな映画を観られないとか、タブレットPCを使ってるとダメと言われたりとか(隣のiPad使ってる女の子はOKで、私のアンドロイド・タブレットPCはダメとかフザケンナ)

中国のインフラやサービスが日本並になることは、私が生きているウチはありえないしょうけども。
日本で生活するようになっていろいろと思うところはありますが、家族との生活のために、いずれ大連へ戻ってくるつもりではおります。

息子と妻の元気な姿を見られて良い休暇でした。

posted by 花花牌子 at 18:28 | 大連 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。