2016年01月08日

JazzRadio.comが妙なことをしてる

仕事中のBGMをRadiosureで流している。

JazzRadio.comのスムーズジャズ・チャンネルがお気に入りで流していたのだが、先週ぐらいから、日本語メッセージで「ジャズレディオはJazzRadio.comのホームページか無料専用アプリからでないと試聴できない」みたいなものが流れるようになった。

まぁ「大人の事情」というやつだろうが、阿呆なことをするなぁと思う。

インターネットラジオを再生するソフトはいろいろあるが、それぞれのソフトは、ラジオチューナーに相当するモノだ。
ラジオチューナーからいろいろなラジオ局を選んで聴くのが普通なのに、「JazzRadio専用チューナーを用意してね」とやったのだ。これは「阿呆」と言わざるを得ない。

Radiosureでも、一度他の局を選んでからJazzRadioを選ぶと、通常の放送は流れる。だが、PCを再起動した時や、Radiosureを起動した時は、日本語メッセージが流れる。
無茶苦茶、うざい。

で、私の結論は

 

もう聴かねーよ、馬鹿

 

である。

番組を聴いていて、気に入った曲が流れると、すかさずアーティスト名と曲名をメモに控えておく。そして、アマゾンでCDを注文する、というのがよくある私の行動だ。

無料放送だが故に、どこかで利益を上げなきゃならないならば、RadiosureとAmazonと協力して、今流れている曲のAmazonリンクバナーを提供すればいい。もちろん売上の一部はJazzRadio.comに入ってくる仕組みだ。

リスナーの望まないリスニングスタイルを強要するインターネット放送局には、明るい未来は無いぞ、と。

posted by 花花牌子 at 20:06 | 大連 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連