2014年11月08日

ヨドバシの格安SIMがなかなか使える

日本へ来たがいいが、事務所にネット環境が無い状態では仕事にならないので、モバイルサービスをいろいろ調べてみた。

三大キャリアのサービスは新規契約が前提で、端末本体と通信サービス費用を合わせると月額6000円以上。空港でモバイルルーターをレンタルするよりは安いが、2年間契約前提だから、いやぁ、そこまでして使わないし・・・と思ってしまう。

以前、ネットの記事で格安モバイルSIMみたいなものがあったハズと、調べてみると月額1000円以下のやつがあるではないか。
ふむ、一番安いのはヨドバシのやつか。月額480円。
毎月6000円払うことに比べれば格安。ダメ元で注文してみた。

注文から二日後に商品が到着。SIMカードをスマホに装着して、説明書の通りに初期設定。あー、この設定というやつはたぶんメカに強くない人には優しくないかも。
普段使わないようなメニューの深い所を呼び出して設定する必要がある。
SIMカードを挿したら画面の質問に答えていくだけで設定完了みたいな感じにしないとダメだね。

設定が完了してブラウザを起動。
おー、結構サクサク動くな。
さっそく中国にいる家族にWeChatで音声メッセージを送ってみた。
しばらくすると息子から音声メッセージが。
「パパ、いつ帰ってくるの?」
泣かせるじゃねぇか・・・。
じ~ん、と感動にひたりつつも、仕事が忙しいので、一番の目的だったテザリングに挑戦してみる。

ITや技術関係者では常識の単語らしいが、私がこの言葉を知ったのは2~3年前だ。
データ通信できるモバイルルーターや携帯を親機にして、子機がWiFiやBluetoothで無線接続して、ネットにつながるようにした状態というかその行為を指す言葉らしい。
今回の場合、XperiaにヨドバシのSIMカードを差して親機にし、WiFi電場を飛ばして、ノートPCからアクセスしてみることにした。

で、あっさりアクセスできてしまった。

まぁ、速度はそれなりに遅いが、実用的な範囲でネットサーフィンできてしまう。
ホームページ閲覧も普通にできる。
メールも送受信できる。
うーむ。これで仕事環境が整ってしまった。
もっと早く使い始めればよかった。

通信速度の上限は250KBPS。
実測では100KBPSぐらい。これでも昔のISDNよりは充分早い。
なにしろ33600BPSのモデムでネットサーフィンしていた世代だから、文句を言ったら罰が当たる。

そんなわけで、日本ではたぶん用なしだろうと思われていたXperiaが結構役立つガジェットになってしまった。まぁ、強いていうならば、バッテリーの持続時間が短すぎるのが玉にキズだが。

バッテリーの保ちの良いモバイルルーターが欲しいが、日本のそれはアマゾンでいろいろ探しても結構高め。中国へ出張の際、前もってタオバオで注文して買っておこうかなと思ったりしている。

posted by 花花牌子 at 16:21 | 大連 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック