2015年06月22日

Thunderbirdで巨大メールを受信しないように設定

入社してからやり取りしたすべてのメールをThunderbirdに保管しているので、メールフォルダの容量が15GBとえらいことになっています。
さらにグローバル検索と索引データベース機能もONのままなので、時折動作が激重くなってりして、一時期Operaに乗り換えかけたこともありました。

そんなわけで、普段から何かと調子の悪いThunderbirdですが、先週ついにメールを全く受信できなくなりました。受信をしには行くのですが、途中で断念する感じ。よく動作を見ていると、受信できないのは会社のメールサーバで、Gmailは普通に受信できています。
サーバに障害があるということで、本社に報告。その日はGmailでなんとかしのぎましたが、翌日になっても症状は改善されません。

確か以前にもこんなことがあったなぁ・・・、と思いだして、巨大メールの受信に失敗しているのだろうと推測。こういう時に役立つのがnPOPです。
最近のメール一覧を見ていたところ、ありました。巨大なメールが。64MBもあります。
本社の同僚が上司の指示で一斉送信した写真データでした。

最近のスマホやデジカメは、カメラの解像度がよろしくて、JPEGで圧縮されたファイルでも一枚あたり3MB以上のサイズがあります。それが15〜16枚も集まれば、あっという間に巨大ファイルが添付されたメールの出来上がりです。

本社の連中は中国国内だから、多少時間がかかっても受信できたのでしょうが、こちらは金盾越えの日本です。時間切れで受信を断念せざるを得なかったのかも知れません。

ある程度ITスキルのある人であれば、Jpegの圧縮率を高めたり、加増解像度を落としたりして、写真のファイルサイズを小さくした状態で送信するわけですが、普通なそこまで気を使ってはくれません。

結局、nPOPでその巨大メールだけを問答無用で削除し、無事他のメールを受信できるようになりました。問題の写真については、百度云で送信してもらいました。

たとえ一日でも会社のメールが受信できなくなるとダメージが大きいので、Thunderbirdに16MB以上のメールは受信しないように設定をしました。

http://jocvpc.web.fc2.com/mailer/receivesize.html

そんなわけで、日々確実にメールフォルダのサイズが増加している私のThunderbirdですが、どこまで耐えられるのか、これからも使い続けてみようと思います。

posted by 花花牌子 at 10:37 | 大連 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック