2015年11月19日

FES Watch

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1411/29/news013.html

電子ペーパーを使った腕時計。

電子ペーパーと言えばKINDLEだが、一時期モトローラのストレート携帯も使っていたことがある。バッテリー消費が少ないので、一回の充電で長持ちするのが特徴。
FES Watchも一回充電すると2ヶ月は保つそうだ。

お値段は約2万円。

表示部分だけでなく、ベルト部分にも電子ペーパーが使われていて、プリセットを切り替えることで、腕時計全体の印象を変えることができる。
オシャレなコンセプトだなと感じた。

動画見ると、現在何時か表示させるのに、サイドのボタンを押す必要があるらしい。
それで、一気に購買意欲が無くなった。
両手を使うアクションが必要というだけで、腕時計の意味無いじゃん。
それだったらスマホと同じだよ。


iWatchなど腕時計型端末がいつまで経っても成功できないのは、腕時計としての基本機能(常に時間を表示し続けること)を実現できていないからじゃないのかな。
バッテリーの保ちの問題など大人の事情があるのはわかるけどさ。
スタートラインは「腕時計として使えること」だと思うよ。

posted by 花花牌子 at 11:17 | 大連 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック