2017年06月13日

世の中はWindowsで回っている件

一時期Macを使っていたこともあったし、古いパソコンにLinuxを入れて有効活用、なんて甘言に乗せられたこともありました。

ただね、やっぱり世の中はWindowsで回ってるなと、つくづく思います。

例えば学生の皆さん。
レポートはWordで提出。
一応、Mac用のWordもあるんですが、Windowsとレイアウト面で完璧な互換性があるわけじゃないです。Mac版のWordで凝ったWord文書作成してしまった日には、准教授から「レイアウト崩れて読めないよ!」
と怒られてしまうかも知れません。

社会人のあなた。
まぁ、会社というのはいろいろ「決まりごと」があって、パソコンも会社支給で、当然Windowsパソコンを使わなきゃならないわけです。自宅で一生懸命Macで作ってきた資料を会社のパソコンに読み込ませたら、レイアウトがたがたで使い物にならない、とかね。悲しくなります。

互換性が保てる範囲で気をつけて資料を作れば良いということはわかります。
でも、何か問題起きた時に、「Macなんか使うからだ。Windowsでやり直せ。」なんて言われるのは確実です。

だから、友人知人が「Macを買う」なんて言い始めたら、全力で止めて、いや違う、何か問題があっても、自分で解決できるぐらい、パソコンのスキルを磨いてください。でないと、Macを使うことを後悔しますよ、と伝えてください。

実際問題として、Macを仕事でメインに使えるのは、クリエイティブな職業に限られていると思います。グラフィック・デザイナーとか音楽家とかね。

Linuxはサーバーやネット環境だけですね。
デスクトップでWindowsの代わりとして使いたいとは思いません。
Open Officとかありますけど、やっぱりWindows Officeとの完全な互換性は無いですから。

Windows以外の選択肢はあるわけですが、Windows以外を使うとなると、とたんに問題が出てくるのが今の世の中です。
マニアックな使い方しなきゃ、互換性もとれるのに・・・

posted by 花花牌子 at 17:10 | 大連 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック