2012年11月05日

【マスタリング】山下達郎のサンデーソングブック

暇つぶしにマスタリングでググった検索結果を順繰りに読んでいた。

ウキに「山下達郎のサンデーソングブック」があって、下記のような記述があった。

こだわり [編集]

  • 「職人」とも言われる山下らしく、放送時の音質にもこだわり、所有のレコードやCDを単にかけるのではなく、事前に自宅でPro Toolsを使ってラジオに適した音質にミックスし直したWAV形式の音源を、USB-RAMに保存してTOKYO FMのスタジオに持ち込んでいる。
    • 雑誌『BRUTUS』2009年3月1日号のラジオ特集やTOKYO FMタイムテーブル「80.Love」2012年9月号に寄せた山下の文章によれば、1994年4月の移動直後は前番組が木村拓哉番組であり、後番組がDREAMS COME TRUE番組だったのだが、オールディーズの音源をそのままオンエアすると前後に放送されるポップスやドリカムの音源などとは音圧でまったくかなわないため、リミッターやイコライザを自ら買い込んでリマスタリングを行って音質を改善し、音圧を上げたDATテープを作ったものをオンエアするようになった[13]とのことで、これが原点となり前者の方式が取られているものと思われる。

「へぇぇ」と思わずボタン押したくなるぐらい感心した。
つーか、本来ラジオ局のエンジニアがやるべきことじゃないのかなぁ、と思ったりした。
スゲェよ達郎。

JPOPの音圧が異様にデカ過ぎるのが問題なわけで、前後の番組の音圧を下げるのが筋・・・。あとCMも音圧下げようさ。
ウォークマンで音楽を聴くのに、達郎と同じようなことしてる。80sはそのままの音圧だと今の音楽に負けるんだわ。マジで。

posted by 花花牌子 at 21:50 | 大連 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連

エアチェック用USBラジオチューナー

昨日の話題の続き。
こちらは本当のエアチェック。ただしパソコンに接続してパソコンで録音する。
MuFiという電子ラジオ番組表に対応しているらしいが、肝心のMuFiのホームページが表示されない。http://mufi-club.com/
なので、単なるラジオチューナーと割り切ったほうがいいかも。
番組をまるごとPCに録り込んでしまえば、後は音楽だけ切り出したり編集はカンタン。
30年前にこんな便利なキカイがあったら幸せだっただろうにねぇ・・・

Logitec USB対応 FM/AMラジオチューナー Windows用 LRT-FMAM200UW

新品価格
¥3,680から
(2012/11/5 21:01時点)

posted by 花花牌子 at 21:25 | 大連 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連

エアチェック用USBラジオチューナー

昨日の話題の続き。
こちらは本当のエアチェック。ただしパソコンに接続してパソコンで録音する。
MuFiという電子ラジオ番組表に対応しているらしいが、肝心のMuFiのホームページが表示されない。http://mufi-club.com/
なので、単なるラジオチューナーと割り切ったほうがいいかも。
番組をまるごとPCに録り込んでしまえば、後は音楽だけ切り出したり編集はカンタン。
30年前にこんな便利なキカイがあったら幸せだっただろうにねぇ・・・

Logitec USB対応 FM/AMラジオチューナー Windows用 LRT-FMAM200UW

新品価格
¥3,680から
(2012/11/5 21:01時点)

posted by 花花牌子 at 21:25 | 大連 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連

2012年11月04日

ネットラジオのエアチェック

昔、エアチェックという言葉があったのをご存知だろうか。

Wikipediaによれば、エアチェックとはラジオでCMが正しく放送されているかどうか実際に聴いて確認する行為のことらしい。だが、我々おじさん世代にとってエアチェックとはFMラジオの音楽番組で流れる音楽をテープに録音する行為のことを指していた。

今から30年以上前の話。

その当時の私は学生で、音楽を聴くのが大好きな少年だった。
レコードはそれなりに買ってはいたものの、好きなものを好きなだけ買えるわけでもない。そこでどうしたかというと、当時の学生なら、かなりのパーセンテージでハマっていたのがエアチェックだった。

私は関東地方に住んでいたのだが、当時のFMラジオ局はNHK FMとFM東京の2局だけ。新聞のラジオ欄を見ると、いろいろな番組があって、その日オンエアされる曲名やアーティスト名が掲載されていた。
これぞ、と思う番組が始まる時間になるとラジカセの前に座り、カセットテープを録音一時停止状態でスタンバっていた。アナウンサーが今からかける曲のタイトルとアーティスト名を言う。それをメモしておいて、「では、どうぞ」の声のタイミングで一時停止を解除、録音をスタートする。録音を終了するタイミングを見計らうのは難しい。フェードアウト(だんだん音が小さくなる曲が多いから。まだ音楽がフェードアウトしている途中にアナウンサーが声をかぶせてきたりすると、「フザケンナ!」と絶叫したのは懐かしい想い出。NHKでは音楽に声をかぶせてくることはめったになくて、安心してエアチェックできた。

ラジカセがオーディオコンポになり、カセットデッキを2台態勢にしてからはエアチェックは番組をまるごと録音。後で音楽のところだけダビング編集、という感じで楽になった。
大学生の頃にはハイファイビデオデッキを導入して、音質面でも強化。
思えばこの時がエアチェックのピークだったと思う。

その後、大学を卒業して就職。会社の寮に入ったからエアチェックもできなくなり、レンタルCDブームも来て、いつしかエアチェックを全くしなくなってしまった。


毎日、長時間通勤をしている。
ウォークマンで音楽を聴くことが欠かせない。だから週末はウォークマンへの「仕込み」が大切なわけだが、CDの買い込みにも限界が来た。
普段、自宅にいるときはネットラジオを流しっぱなしにしていて、ふと気がついたのだが、ネットラジオを録音してウォークマンで聞けたら便利だよなぁ・・・と。
ネットラジオプレーヤーソフトのRadioshureには録音機能がある。
最初のうちは、録音した後のオーディオファイルを編集してコマーシャルとかカットしていたのだが、時間ばかり取られるので、もっと便利なソフトはないものか探してみた。

で、今回ご紹介するのは、ネットラジオのエアチェックに便利なソフト。
「audials one9」
放送中のネットラジオを片っ端から録音して、しかも曲ごとに名前とか付けて保存してくれるというシロモノ。
まずは無料お試し版をインストールしてみた。
お気に入りジャンルは「スムーズジャズ」を選んで録音ボタンをクリック。
自動的に5つの放送局が選ばれて、なにやら勝手に録音が始まる。
20分ぐらいして録音が終了。どうやらお試し版限度の25曲の録音が終わったらしい。
確かに25曲保存されていた。
わずか20分で25曲。昔あれほど苦労してエアチェックしていたのが馬鹿みたいだ。
これは文句なしに便利だということで、ライセンスを購入。今は無制限曲数が保存できるようになった。

このソフトは便利なのだが、いかんせんマシンパワーを必要とする。
5局同時録音状態にしておくと、CPUパワーゲージはほぼ振りきれる。(Dual Core CPU2.5GHzでの場合)
つまり、録音中はほかの作業ができない。
外出している4時間、放ったらかしにしておいたら300曲以上録音されていた。
容量にして1.2GB。
それをウォークマンにコピー。
じつに簡単だ。

MP3ファイルで曲名やらアーティスト名が記録されているのも便利。
気に入った曲があれば、その曲があるCDアルバムをネットで注文。
効率良く、お気に入りのCDを見つけられる。

インターネット時代のエアチェックはここまで便利になっていた。

Audials One 9 [ダウンロード]

新品価格
¥6,400から
(2012/11/4 21:17時点)

posted by 花花牌子 at 22:05 | 大連 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連

Chromeでの表示。トとドの問題

仕事先のPCは中国語のWindows XPという環境。
日本語Windowsにしてもいいよ、と許可はもらっているが、面倒くさいのでそのまま使っている。

ネットが遅いのでChromeをインストールして使っているが、日本語の表示に少々難あり。
「ト」と「ド」の縦線が欠けて表示される。「コンサー 」って何だよ。とか奇っ怪な単語に悪態をつく。

ネットで調べてみたら、表示フォントを変更すると回避できるらしい。
MSゴシックからArial Narrowにしたら治ったようだ。

やはり日本語Windowsにすべきなんだろうか・・・
ネットが遅いからそこまでして観たいとも思わなかったりする・・・

posted by 花花牌子 at 20:43 | 大連 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連

大連で中国語の書籍を買う

日本で本を買うとなれば、アマゾンだろう。

検索して注文。翌日には届く。

大連で日本語の書籍を買うとなれば、永東書店ぐらいか。
中国語書籍となると・・・、近所の本屋で・・・というわけにもいかない。

近所に本屋が無い。本当に無い。
まともな本を買おうと思ったら、大型店に行くしかない。
大型店となれば、やはり中山広場近くの新華書店である。

地上五階建て。
入り口を入ってしばらく行くと、「釣魚島は中国のもの」みたいなPOPと本が山積みになっていた。
またかよ〜という感じ。すぐ隣では日本への観光旅行の本がたくさん売られている。
このあたりの「売れる本なら並べておく」みたいな現実的なところがやはり中国か。

買いたい本は淘宝で調べてきたので、あとは店内をくまなく探すだけなのだが、さすがに店内は広い・・・。
ふと目をやると、エスカレータの隣にタッチパネル式の端末が見える。本を検索できるらしい。

さっそく検索してみる。
ん?ピンインで入力できない。何か特殊な入力方式らしい。
いろいろいじくっているとピンイン入力に切り替えることができた。
書籍のタイトルを入力して検索。
どうやら、目的の本は3階にあるようだ。
3階に行って探してみると、おぉ、見つかった。
どうせ見つからないだろう、ぐらいに思っていたので、あまりにもあっさりと見つかったことに拍子抜けした。

淘宝は便利なのだが、いかんせん商品が手元に届くまで時間がかかりすぎる。
本ぐらいであれば、買いに行ったほうが早い、と思っての今回の行動。
まぁ、中国語の書籍なんてめったに買わないから、別にいいか、と思ったりもした。

posted by 花花牌子 at 20:36 | 大連 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連

2012年10月30日

カセットテープはまだ現役なのだとか・・・

00000947[1]

もう使っちゃいないのですが、日本ではまだまだ現役なのがカセットテープ。
ウォークマンみたいなポータブルカセットプレイヤーにUSB端子が内臓されたやつがあるみたいですが、メカやアナログ回路がちゃちなので、オーディオマニアの人からはあまりお薦めではないそうで・・・

やはりカセットテープをきちんとした音で再生するならば、デッキタイプだよ。
プロオーディオの世界では未だにカセットデッキがカタログに載っています。
新品でそれらを買って、PCにそこそこの性能のオーディオインターフェースを接続してデジタル録音⇒編集⇒DVDに保存、というのがカセットテープの資産を高音質でデジタルライブラリ化する現実的な方法なわけですが、これを高音質でありながら、もっとお手軽にしてしまうのが写真のカセットデッキ、パイオニアT-D7です。

http://www3.pioneer.co.jp/product/product_info.php?product_no=00000254&cate_cd=034&option_no=0

デジタルプロセッシングユニット(DSP)を使ってテープのヒスノイズを除去するという機能が最大の特徴で、ドルビーOFFでもS/N比が82dB、ドルビーONならばS/N比90dBという質の悪い冗談みたいな高性能です。
テープのヒスノイズというのは、わりと安定したノイズなので、しかるべきアルゴリズムを使えば、かなりキレイに除去できるのですね。オーディオ編集ソフト用のプラグインとしてDenoiserとか、そういうのあります。
その機能を組み込んだカセットデッキという理解で間違いないかと。

1997年の発売らしいですが、1980年にこれがあったら、CDの普及はもっと遅れたかもしれません。それぐらいユニークな製品です。

posted by 花花牌子 at 23:33 | 大連 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | 大連

2012年10月27日

昔のモバイルオーディオ Sony D-50とEBP-9LC

sony-d-50-cd-compact-player

1984年の発売。Sony D-50というCDプレーヤー。
上から見るとCDジャケットと同じサイズというのが当時のウリ。
でも、これは

据え置き型なんです

音楽を聴くにはACアダプターをつなぐ必要があります。
バッテリー内蔵でしょ?

いいえ、違います。

出力端子もステレオミニプラグだったので、そのままコンポに接続するわけにもいきません。そこで、こういう専用ドッグがありました。

d50main

ドッグにはトランスとピンプラグの出力端子が付いていて、これでやっと一人前の据え置き型CDプレーヤーになりました。

なんとも中途半端な製品でした。
当時は、何が何でも

世界最小サイズのCDプレーヤー

というのをやりたかったのでしょうね。

で、これを外に持ち出すための専用キャリングケースというのがありました。
EBP-9LCというやつ。

IMG_1498

このごつい箱の中にD-50を納めて持ち歩くわけです。
箱の奥のほうは単2電池のケースになっていて4本ぐらい入る(記憶が定かではありませんが・・・)ようだったと思います。

はい。持ってました。

これで、本当にモバイルオーディオしてました。密閉型のヘッドホンと一緒に。

歩行中だと音飛びが激しくてダメ。(つーか歩行中に音楽聴くのダメでしょ)
電車の中とかで使ってましたねぇ。

音質は最高でした。

あれから28年。
当時の私に今のライターサイズのMP3プレーヤーとカナル型のイヤホンを見せてあげたいですね。

実際に持ち歩くとこうなるという記事
http://www.gizmodo.jp/2012/04/cdd-50.html

今ではエイプリルフールのネタになるぐらいですが、当時はマジにこれでモバイルオーディオしてたんですよ。

posted by 花花牌子 at 21:25 | 大連 ☀ | Comment(3) | TrackBack(0) | 大連

2012年10月21日

【ニュース記事】成田の「検問」廃止検討、羽田と競争激化で

http://news.livedoor.com/article/detail/7064467/

成田空港の検問が廃止されるかも知れない。

私の場合、空港へは電車かバスで行く。
乗るのは国際線だから、空港には二時間以上前に到着。
バスの場合、一日に何本も運行されるわけではないので、どうしても早めに着きすぎてしまう。空港内で4時間ぐらいブラブラしたこともある。

成田空港駅の改札口手前で荷物検査場がある。出国手続きをする際にも検査をするので、やはり首都空港のセキュリティは厳重なんだなぁぐらいにしか思っていなかった。
バスの方は空港手前の検問所で停止して、警察官がバスの中まで乗り込んできた。別にやましいわけではないのだが、ちょっと緊張したのを覚えている。
関西空港では検問などは無かったので、何かあったんだろうか?と思った。

本日の読売新聞の記事を見ていて、「あぁ、そうか成田闘争の反省からか」と納得。
若い人達は覚えていないかも知れないが、今から34年前、1978年3月26日に開港前の成田空港が過激派に侵入され管制塔などの施設が占拠され大騒ぎになった。
私は、あれをテレビでリアルタイムに見ていたので、検問廃止については、どちらかと言えば反対だ。
開港前とは言え、本来セキュリティの厳しいはずの空港が、34年前は、占拠されてしまったのだ。近年では米国の911の事件にあるように、今やテロについては何でもアリの時代になってしまった。それを鑑みれば、首都空港のセキュリティを緩和するのはいかがなものかと思う。
むしろ、羽田や関西空港のセキュリティをもっと強化すべきではないのか?

posted by 花花牌子 at 12:59 | 大連 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連

2012年10月14日

すぐ使えないパソコン

パソコンが消える日
http://www.benedict.co.jp/Smalltalk/talk-96.htm

記事を読んでいて激しく同感。
ウチのPCは電源ボタンを押してから、まともに使えるようになるまで数分待たされます。
独身時代は基本的に電源入れっぱなしでした。そうしないと使いたい時に使えないから。

なんか、もう、アナログで充分じゃないの。

って最近思い始めてます。
PCの代わりにノートとペン。
携帯はいらない。腕時計があれば充分。
電子ブックも、電源入れて起動するまで待たされるから、紙の本のほうがすぐ読めるし。

そうは言っても、ネットのない生活には戻れないですね。
30年前よりは、欲しい情報を見つけるのは、圧倒的に便利になりましたから。

posted by 花花牌子 at 21:49 | 大連 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連

2012年10月10日

領事館の通達を守らないと、こうなる、という例

本日、市内から開発区へ戻るバスの中での出来事。

会社の日本人の同僚と話をしていたところ、「中国」と書かれたジャージを着た大学生らしき一人の男性から英語で、

男「お前ら日本人か?」
私「そうだ」
男「ここは中国だ。中国語で話せ!」
男「日本人は日本へ帰れ!」

変な手合いが現れたなぁ、とシカトしていたら、開発区へ着くまでの間、「日本へ帰れ!」と何度もつっかかってくる。
中国人の同僚が「いい加減にしろ」と抗議。私は「不用関」と同僚をなだめる。
ケンカにでもなったらマズイ。奴は金馬路でバスを降りた。

「どうして英語で言うのだ?お前こそ、ここは中国なのだから中国語で話せよ」
「日本人をいじめることが愛国か?お前には中国人としての誇りはないのか?」
と言うこともできたが、確実にケンカになるだろう。
弱腰と言われようが、ここは逃げるに限る。

中国へ来て8年になるが、ここまで日本人である私を嫌う中国人は初めて見た。

日本領事館の通達は正しい。
公共の場所では日本語で会話をしないほうがいい。

大連といえども、こういうことがあるという事実が悲しい・・・

posted by 花花牌子 at 23:18 | 大連 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連

2012年10月09日

危ないヤツ

市内から開発区へ向かう帰りのバスの中での出来事。

国慶節明けで、ここ連日はUターンラッシュ。
香炉礁で、大きな荷物を持った人たちが乗り込んでくる。
そんなUターン組の20代前半の男女カップル。
男性が傘で床をドンドンドンッと叩く。
床は鉄板なので、とても大きな音でビックリする。
相方の女性を急かしている?というわけでもない。

更に男性は自分たちの大きなスーツケースを蹴って出口附近の手すりにぶつける。
そして、その出口付近の手すりを、グーの手でドンドンドンッと叩く。
私の足が手すりに当たっていて、その強い振動が伝わってくる。
手すりの強度を確かめるわけでもなく、ふざけて叩いているわけでもないらしい。何かムシャクシャしているのだろうか?

しばらくおとなしくなったと思ったら、また手すりをドンドンドンッ。
少しすると、また、ドンドンドンッ。
危ないヤツである。
関わりあいになりたくないので、今日はマイカルでバスを降りた。

大連に8年いるが、こういう「危ないヤツ」に遭遇したのは初めてかも知れない。

posted by 花花牌子 at 22:38 | 大連 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連

2012年10月08日

ハルビン大連高速鉄道、試運転開始

http://szb.dlxww.com/dlwb/html/2012-10/08/content_735593.htm?div=-1

大連晩報の記事によれば、本日よりハルビン大連高速鉄道(中国東北新幹線)の試運転が開始された模様。
初日の本日は人の代わりに「お米」を積んで時速300kmで走行。
設計時速は350km。
大連から瀋陽までは80分で到着(ちなみに在来線だと3時間半から4時間ぐらい)。
大連からハルビンだと3時間強なんだそうです。
正式開業は今年の年末だとか。
停車駅は下記の通り

哈尔滨站/哈尔滨西站

双城北站

扶余北站

コ惠西站

长春西站/长春站

公主岭南站

四平东站

昌图西站

开原西站

铁岭西站

沈阳站/沈阳北站

辽阳站

鞍山西站

海城西站

营口东站

盖州西站

鲅鱼圈东站

瓦房店西站

普兰店西站

大连北站

大连站

これで見ると金州には止まらない(駅が無い)ですね。
開発区や金州の人は大連北站から乗る感じかな。
妻の吉林の実家へ行くのが便利になります。
長春まで今までは半日(快速バスでも9時間)かかってましたが、3時間弱で着きます。
東京から京都へ行く感じですかね。

これで春節の混雑が少しは緩和されるとよいのですが。

posted by 花花牌子 at 23:13 | 大連 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連

2012年10月04日

【お気に入りの音楽】Dino S. Fiumara/I will wait for You

最近、ネットラジオで聴いて気に入った曲です。

まぁ、サングラスで人相悪いですが、曲自体は爽やかなバラード。80年代のテイスト。
最近はCD販売とかしないのでしょうか。ダウンロード販売だけ?

I Will Wait for You

新品価格
¥150から
(2012/10/4 18:39時点)

posted by 花花牌子 at 18:43 | 大連 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連

大連はまだ安全とは言われていますが・・・

日本領事館からの通達にもあるように、公共の場所での日本語は自粛しています。

仕事柄、バスやタクシーで移動することが多いですが、9月18日以降、移動中にかかってきた電話の相手が日本人だとわかる場合は、電話に出ずに、落ち着いて話ができる場所に着いてから電話をかけ直しています。

マンションの1Fにも「釣魚島は中国のものだ」というビラが貼り出されたまま。

国美電気やSunning電気のお店の入り口には中国国旗が掲げられていて、暴徒の侵入を防ぐ魔除け代わりになっています。日本ブランドの車やタクシーなどにも中国国旗がはためいていて、やはり暴徒対策なんだろうなぁ、と思われます。

初めて会う中国人の多くには「あなたはどこの国の人?」⇒「日本人」⇒毎回、釣魚島の話題、というコンボ。

国慶節休みは、あまり人の多い場所には出かけていません。
基本的に家族と一緒に行動なので、日本語も使っていません。

早くほとぼりが冷めてくれるといいのですが・・・。

posted by 花花牌子 at 18:34 | 大連 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連

2012年09月30日

幼稚園の学習プリントで

中国の人口は?
中国の面積は?

などの問題が並び、その横に解答が書いてある。
最後の問題は

釣魚島はどの国のもの?

もちろん解答は「中華人民共和国」。
幼稚園からしっかり教育してますな・・・

posted by 花花牌子 at 20:10 | 大連 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連

2012年09月26日

【イイ曲】Vanessa Williams Where Do We Go From Here

たまに気が向くとこのブログに音楽のこと書いてますね。
音楽に関係する仕事がしたくて、実際、そういう仕事をしていた時期もありますが、趣味で音楽に関わっていた学生の頃は幸せでしたね。
だから、学生の頃、80年代の洋楽は未だに大好きなのですが、今日ご紹介するのは90年代。

Vanessa Williamsのヒット曲と言えば、「Save The Best For Last」が有名。
ヒットメーカー、デイビッド・フォスターによる曲ですが、私はこちらの曲のほうが好き。
イントロからして、最初は、バリー・ホワイト?って思いました。70年代してます。

通勤途中で聴く音楽を探すには、毎回苦労しています。
ネットラジオをつけっぱなしにして、「あっ、イイかも」って思った曲名をメモしておく。
あとは、ネットでまとめてCD買ったり、ダウンロードしてきたり。
イイ曲に出会えるチャンスが少なくなってきたように思う今日この頃です。

Greatest Hits: First Ten Years

新品価格
¥525から
(2012/9/26 20:43時点)

posted by 花花牌子 at 20:45 | 大連 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連

【ニュース記事】BDでハイレゾ再生

BDでハイレゾ再生--CD登場から30年を経て登場した次世代オーディオディスク
http://japan.cnet.com/digital/av/35022212/?ref=rss

大手メーカーでなく、ポスプロから新オーディオディスクの規格が提案される時点で、もうオーディオディスクというメディアがオワコン化してるな、と思う。
だからと言って、何もしないのはもっと良くないのだけれど、日本の音楽業界、というかオーディオ・コンテンツ業界は歪んじゃってるから、せっかく優れた規格を提案しても、それを育てるだけの力が無いんだよね。

やはり海外の動向を見ながら、という感じなんでしょうね。

いずれにしても、もう「ディスク」はやめようよ。
12cmのかさばるディスク持ち歩く時代じゃないんだからさぁ・・・
SDカード(ROM)でいいじゃないの。

posted by 花花牌子 at 14:44 | 大連 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連

2012年09月25日

道路封鎖でハマった

DSC00465

周水子空港の手前で超渋滞。
まったく車が動かない。

仕方ないのでバスを降りて歩く。歩く。歩く。

警官が交通整理している。

空港の近くでの仕事を終えて、バスで戻ろうとすると、また渋滞。
動かない。

DSC00466

仕方ないので、バスを降りて歩く。
しばらく歩くと、前方で警官が道路封鎖していた。

名称未設定-2

あぁ、こりゃ車動かないわけだわ・・・。

1停留所歩いたところで、道路封鎖解除されたらしい。
バスがやってきたので、乗る。

香炉礁に着いて、開発区行きの快速バスに乗る。
ん?バスが高速道路に入らないぞ・・・
運転手の説明によれば、高速道路が封鎖されているとのこと。
バスは一般道路を走行。
これじゃ快速じゃないじゃん・・・

やっとの思いで自宅へ着いた。
妻の話によると、どうやら今日、政府の要人が大連へ来たらしい。
なるほどね、それで道路封鎖か・・・

事前に知ってたら今日は出歩かなかったのにねぇ・・・・

歩き疲れましたですよ・・・

posted by 花花牌子 at 20:27 | 大連 🌁 | Comment(3) | TrackBack(0) | 大連

夕食の席で尖閣の話題を振られたので

今日は一家団らんで、家族揃って自宅で夕食。

釣魚島(尖閣)は中国のものだからね。

と妻。
なんでも、マンションの一階にそういう張り紙がしてあったらしい。
皆で飯食ってるのに、その話題かよ、と思った。
仕方がないので返事をする。

「釣魚島の話題が出たのはいつ頃からだっけ?最近だよね?」

「日本でも話題になったのはここ1〜2年だよ。それまではどちらの国の人民の多くは釣魚島(尖閣)のことは知らなかった。でしょ?」

「つまり、我々一般の人民の生活には関係のないこと。そういうのは政治家に任せればいいじゃないの。」

お義母さんがすかさず、「对呀!(その通り)」と言って、この話は終わり。

posted by 花花牌子 at 19:56 | 大連 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連