2009年06月03日

Virtual PC 2007

仕事がらみなのだが、いろいろとネット関係ソフトを試している。


英語表示のソフトがほとんどなのだが、中には中文表示のソフトもある。
ご存じのように中文ソフトは文字化けで何が何だかわからないので、いさぎよく
あきらめるか中文Windows環境を用意して動かすのが普通だ。
裏技としてMicrosoft Applocaleを使うこともできるが、あれも完璧とは言えない。


そこでVirtual PCである。
一昔前のVirtual PCは遅いわ不安定だわ、で使い物にならなかったが、最近は
Web系の開発をしている会社では当たり前のように使っているらしい。それだけ
こなれてきたということなのだろう。


今回使いたいソフトの一つが中文表示オンリー。しかもセキュリティソフトで毎
回引っかかり、セキュリティレベルを0にしない限りまともに動作しないという
極悪ソフトだ。
そのような素性のため、ここ2年ほど使うことは無かったソフトだが、今回はど
うしても使いたかった。
このようなときにこそVirtual PCである。


Virtual PCの使い方は簡単。
インストールしたら後は仮想コンピュータの仕様を決める。要素は二つ。メモリ
とハードディスクの容量。
今回は中文版のWindowsXPをインストールするので、メモリは512MB、ハードディ
スクは8GBに設定。
アプリケーションはせいぜい2〜3個しか動かさないからコレで十分だろう。


日本語XPの中で中文XPが動く。なんともシュールな感じ。
極悪ソフトのために、セキュリティソフトは全くインストールしていない。
通常では考えられないほど無防備なWindows。
Virtual PCは保守的になったWindowsの中で無茶苦茶ができるので面白い。
調子に乗って、Windows2000日本語版とか、WindowsMe中文版とか、MS-DOSなんて
のも入れてみた。
Vitual PCでサクサク動く様を見ると、PCは本当に高性能になったなぁ、と思
う。中古のIBMでコレだから最新型のPCならば、もっと快適なんだろう。


楽しいねぇ。仕事がらみじゃなきゃ、もっと楽しい。
posted by 花花牌子 at 07:11 | 大連 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連

2009年05月30日

Windows用の日本語変換ソフトが意外と少ない件について

皆さんWindowsで日本語を入力する時、何を使ってますか?


普通ならばMS-IMEですね。
私はIMEがたまに妙な変換をやらかしてくれるので、ATOK使ってます。


今から20年ぐらい前までは、日本語変換ソフトはたくさん種類がありました。
マイ・ディスク(フロッピーディスク)を持ち歩いたりして、「コレが無いと仕
事ができな〜い」なんてアホな事言ってました。
とにかく当時の日本語変換ソフトは、あまり賢くなくて、仕事で使えるようにす
るためには、どんどん辞書登録をして、辞書を鍛える必要がありました。だか
ら、そうやって鍛えた辞書は自分にとっての宝物。無くてはならないものだった
のです。


Windows時代になると、MS-DOSの時に鍛えた辞書が使えません。
新たにMS-IMEを使うことになります。
当時のMS-IMEはWXGという日本語変換ソフトをベースに作られていたので、使い
慣れたATOKのキー操作で使えて便利でした。
ですが、MS-IMEには致命的なバグがありました。
いくら辞書を鍛えても、たまに妙な変換をするのです。


橋を渡る。


例えばこれが「箸を渡る」となる。


いくら辞書を学習させてもダメ。
毎回、スペースキーを2〜3回打つことになるので、煩わしいことありゃしない。
こりゃアカンと思って、使い始めたのがATOK。
Windows95の頃のATOKはバグも多くて、マシンごと固まることがありました。
MS-IMEは進化を続け、変換精度も良くなりました。
しかし、それでもまだ妙な変換をします。


Windowsが普及し始めた頃は、それこそいろいろな日本語変換ソフトが出てきま
した。
しかし現在、MS-IME以外にバージョンアップが続けられている日本語変換ソフト
はATOKぐらいなものです。
この事実を知ったとき、私は愕然としました。
日本人である以上、毎日PCでは日本語を入力するのに、選択肢がMS-IMEとATOKし
か無いというのはどうなのか?
MS-IMEが妙な変換さえしなければ、それでもいいでしょう。でも現実には妙な変
換をしてくれる。だから仕事では使いにくい。故にATOKを使う。


一時期、一太郎と花子で市場を席巻したジャストシステムもかつての勢いは無く
なりました。
ATOKだっていつ無くなってしまうか心配です。
何か代わりの日本語変換ソフトはないものか?
Windowsで動く日本語変換ソフトはいろいろありますが、どれもバージョンが古
く開発が止まっている状態です。
年末にはWindows7がリリースされるというのに、事実上選択肢はATOKしかない状
態です。


これは結構ゆゆしき問題だとは思いませんか?
日本語入力ソフトって日本のIT業界にとって基幹を成す代物ですよ。


LinuxからWindowsに移植された Win-Anthyという日本語変換ソフトを使ってみま
した。
変換精度は悪くないのですが、カナ変換のキーやATOK風のショートカットキーが
使えません。
カスタマイズ方法もマニュアルには書いてありません
とてもATOKの完成度には及ばないソフトです。


毎日使うソフトだけに、他のソフトを見つけたいのですが・・・
posted by 花花牌子 at 02:16 | 大連 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連

2009年05月26日

中国語ファイル名の一斉変更(リネーム)方法

中国国内向けのメール配信の仕事を請け負うことになった。
いわゆるBPOというやつ?


取引先からものすごい数のメールリストをもらった(数は把握できていない)。
何しろ中国であるからして、まぁ、とにかくすごい数なのだ。
中国の各都市ごとのリストで、ファイル数だけでも1000以上ある。
このままでは送信用ソフトにセットできない。
ファイルの数が多すぎるのだ。


ある程度固める必要があるのだが、あなたは1000個以上もあるファイルをどう
やって固める?


真っ先に思いつくのが、エディタを使うこと。
秀丸エディタなら1000万行まで編集できるから、理論上は1000万人分のメールア
ドレスファイルを取り扱えることになる。実は以前、700万人 (700万行)までは
やったことがある。
さすがにこの規模になると秀丸の動作も重い。
コピペする度に処理で待たされることになる。


もう一つはバッチファイルで各ファイルを結合してパイプ処理で一つのファイル
にまとめる方法。
UNIX使いの人なら、真っ先に思いつく方法だろう。これはエディタを使うよりも
早い。


だが、こうやって作ったメールアドレスファイルはそのままでは使えない。
名簿関係、電話番号リストなどを取り扱った方ならおわかりのように、この手の
リストは重複や無効のデータが相当数混じっているのだ。
メールアドレスの場合、重複や無効アドレスを取り除くと、元のリストの3分の
1以下にまで小さくなってしまった、などということはよくある。
この重複を取り除くためのフリーウェアがある。日本製のソフトなのでVectorで
たぶんすぐ見つけられるだろう。


しかし、これだけではまだ足りない。
いわゆるメールを送っても無駄な人、送ってはいけない人など、そういうメール
アドレスを除去する必要がある。
そういうメールアドレスというのは、政府関係や学校関係のドメインだ。
面倒だから送っちゃえ!
それでもかまいませんよ。だが、迷惑メール配信者としてマークされるのは確実。
この手のメアドリストは、何かの無料サービスを利用させる代わりに収集したも
の。だから基本的にはメール送信OKのハズなのだが、結構な確率で「送っちゃい
けないドメイン」「送っても無駄なドメイン」が混ざっているのだ。
こういう、いわゆるフィルタリング処理はどうするか?


以前は秀丸エディタでやってました。
でも、今なら専用のソフトがあります。
たくさんあるファイルの結合から重複・送っちゃいけないドメインの除去まで一
度にやってしまうやつ。
おそらく迷惑メール業者なんかが開発したソフトなんでしょう。海外製です。
これ自体がノウハウなので自分でお探しください。私はコレ出会うまでに2週間
かかりました。


今日の問題は、このソフトですら手に負えない事態だったということです。
日本語Windowsで中国語ファイル名のファイルを扱う場合、ソフトウェアが中国
語のファイル名を認識してくれないという問題です。だから、せっかくの便利な
ソフトも太刀打ちできない。
ファイル名を日本語か英語に変えれば問題は解決するのですが、なにしろファイ
ル数が1000を超えます。
いちいち一つずつリネームしていたら日が暮れます。


ファイル名は別に適当でかまいません。とにかく中国語の漢字じゃなければ、
メール結合整理ソフトが動きます。
そこで、ファイル名一括修正方法を探しました。


リネームしたいファイルを一つのフォルダの中に集めます。
Ctrl+Aでファイルを全部選択します。
ファイル一つを右クリックして名前の変更(M)をクリックします。
適当な名前を入力します。
すると選択されていた他のファイル名は変更した名前+(XX)、XXは通し番号に変
わります。
こうなればこっちのもの。メール結合整理ソフトで一気に読み込めるようになり
ます。


まぁ、本日はそうやってリストの整理を始めたわけです。
始めたのが夜からなんで、続きはまた明日。


昔に比べてPCで取り扱うデータ量はとんでもなく多くなりました。
まともにやってたのでは時間ばかりかかって、とんでもないことになります。
いかにして時間を短縮するか。
今やネットで検索して、ノウハウを集めるのは欠かせません。
実生活ではちっとも役に立たないノウハウではありますが、飯の種にはなります。


他の人が何日もかかっている作業がわずか1時間でできたとしたら?
PCを使う仕事は、やり方次第でとても効率よくできるのです。
posted by 花花牌子 at 22:33 | 大連 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連

2009年05月21日

やはりバスのネタ・・・

ブログの更新が滞っているのは承知しているのだが、連日、仕事に追いまくられ
て、家に帰ってくると更新するのを忘れてしまう。
ネタが無いわけではなくて、移動中に「あっ、これはブログに書こうかな」と思
いつくことがよくある。
でも満員バスの中ではメモを取り出して書くわけにもいかず、そのまま忘れてし
まうことが多い。


昨日の安盛のバス乗り場での出来事。
止まっているバスに乗り込むと服務員たちがポーカー(もちろん中国式)をして
いた。
マイクロバスの運転席の右側は、エンジンルームのカバーがついていて、背の低
い机みたいな感じになっている。それがテーブル代わりだ。
バスには他に乗客が7名ぐらい乗っているのだが、服務員たちはお構いなし。
日本でコレやったら新聞ネタになるところだが、開発区ではよく見る光景である。


もちろん開発区の公営バスでは、基本的にワンマンなので、こういうことは無
い。民営のバスは2〜3名の服務員が乗車しているので、待ち時間にちょっと遊
ぼうか、ということになる。


さて、乗客も増えてきたので、仕事するか、よっこらしょ、とそれぞれ持ち場へ
つく。
エンジン始動。
車内に中華風流行のダンスミュージックが鳴り響く。
会話するのにも苦労する程の大音量。サブウーファー・スピーカーが近くにあっ
て、重低音が体を揺さぶる。
体調の悪いときには、これだけで気分が悪くなる代物。
これだけで、およそ快適なサービスとはかけ離れた乗り物だということがわかっ
ていただけると思うが、金州行きのタクシーはなかなか来ないので、このような
バスを利用せざるを得ない。


バスのBGMは聴きたくないので、ウォークマンを取り出し自分の好きな音楽を聴く。
やっとバスが動き出した。
だが、バス停付近をのろのろと徐行する。まだ乗客を乗せようとする。
6時半にはバスに乗り込んだのだが、出発は7時を回っていた。
妻からは「何時に帰ってくるの?」コールがかかってきているのだが、「知ら
ん。バスに訊いてくれ」と答えるしかない。


安盛を出発して家への到着は15分後。
タクシーなら10分とかからない距離。


まぁ、仕方ない、とあきらめる。
中国で生活するようになると「あきらめが肝心」という言葉の意味を本当に理解
できる。
posted by 花花牌子 at 08:10 | 大連 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連

2009年05月07日

久々に来たな・・・

仕事を終えて戻ってくると、マンション下の広場で妻と息子が遊んでいた。


開口一番、妻が「停水」と言う。


久々に来たな・・・


水が止まるということは料理ができないということ。
今夜は外食に決定。


私たちと同じ考えの住人は多く、店は賑わっていた。
いつもは妻が定菜(注文を決める)していたのだが、今日はなんとなく私が決めた。
何度か来ている店なのだが、もう鍋は飽きたので、イカの鉄板焼きと羊肉串を注文。
妻はナスの炒め物を注文した。


羊肉串とくればビールである。
店員がどのビールにしますか?と訊いてくる。
「労山」
無いとの回答。仕方ないので青島にした。
ダメもとで更に「涼的」と言ってみる。
「没有」との答え。
まぁ、金州の田舎町だから冷えたビールが無いのは仕方ない。


来た料理をさっそくいただく。
おっ、結構うまいじゃん。
珍しく注文した料理が当たりだ。


中国での生活で幸せを感じる瞬間だ。
うまい料理とビール。
妻と子供がそばにいる。
ご近所さんも食事をしていた。
妻がどこそこのマンションは4000元/平方メートルだったとか話をしている。


こうして三人で外食をしていると、妙な話だが、自分も父親になったのだなぁ、
という実感がわく。
かつての自分は両親に連れて行かれる側だったのだが、それはつい昨日のことの
ように思える。
今では自分が息子を連れて行く側になったから、それで自分は父親になったのだ
と気づかされる。


そうは言っても、自分自身は子供の時と変わっていない気がする。
相変わらず後先考えず行動をするし、結果、失敗もしている。
こんな私が父親やっていけるのだろうか、と不安に思うことがある。


今度、機会があったら自分の親に訊いてみたい。
お父さんお母さんが、今の私と同じ年齢の時、どう思っていましたか?
posted by 花花牌子 at 21:14 | 大連 | Comment(2) | TrackBack(0) | 大連

2009年05月02日

ファイアウォールソフトを変えました

軽くて早いということで、Kerio Personal Firewall 2.1.5を使ってきました
が、特定のアプリケーションを起動させると、エラーメッセージが毎回表示され
て、うざいので、乗り換えることに決定。


ネットで調べたところ、どうもKerio Personal Firewall 4が良さげ。
別会社に買収される前の最終バージョンの一つ手前、が一番良いらしい。
で、さっそくインストール。
Windowsを再起動するように、の指示が出て、再起動。
うわっ、起動画面で固まっているし・・・。


何度起動しても、Windowsの起動ロゴマークは表示されない。
黒い画面のまま。
やっちまったかなぁ・・・、またWindows再インストールか・・・?


セーフモードで起動してみた。
おっ、ちゃんと起動した。
こんなやばいソフトなんかいらない。アンインストールだっ。
プログラムの削除でアンインストール。
再起動。


今度はWindows起動ロゴマークが表示された。
が、しかし、続いて、Kerio Personal Firewall 4のロゴマークも表示され
た・・・。


アンインストールされてないじゃん・・・


どうも、こいつ、インストール/アンインストールプログラムに問題があるようだ。


ウイルスに感染しているわけではないらしい。Aviraで検索かけても何の反応も
無し。
とにかく、こういうやっかいなソフトは完全にアンインストールするに限る。
もう一度、アンインストール操作を実行。
Kerio Personal Firewallのサービスを停止できない、とか表示されている。
まともにアンインストールもできないなんて、たちの悪いウイルスと一緒だ。
管理ツールからサービスプログラムの一覧を表示させて、Kerio Personal
Firewallのサービスを強制停止させる。
その後、Program Filesフォルダの中からKerio Personal Firewallのフォルダを
探す。あった。
フォルダごと削除。
これでもレジストリにまだKerioの残骸が残っているから、Ccleanerでレジスト
リをお掃除する。
ここまでやれば、Kerioは完全にアンインストールされたはず。
Windowsを再起動してみる。
異常なく起動した。
Kerio起動画面は表示されなくなった。


Nortonが売れる理由がわかったような気がする。
素人には無理だ。Kerioは。


さて、Kerio4がダメなら、次はどうするか。
またネットで調べてみる。
Comodoが最強、と書いてあるな。
なんか日本の携帯電話サービス会社をひっくり返したような名前だな・・・
ComodoのFirewallをダウンロードしようとネットを探し回ったのだが、現在
Firewall単体では配布されていない。
Nortonのように総合セキュリティソフト(ウイルス駆除+ファイアウォール)に
なってしまったらしい。
仕方がないので、まぁ、Aviraをアンインストールする覚悟で、それをダウン
ロードした。


インストールの画面でインストールする機能を選択できることが判明。
当然、ファイアウォール機能だけをインストールすることにする。
最新のソフトだけあって、デザインも洗練されている。
アプリケーションがネットにアクセスしようとすると、どうしますか?と聞いて
くるのは他のファイアウォールソフトと変わりない。
しばらく使っていると、そのうち、毎回「モードを切り替えますか?」という画
面が表示されるようになった。
別の今のままで良いので、その都度、キャンセルしていたのだが、Comodoは許し
てくれない。
しかたなくモード切替に同意。そうしたらいちいち聞いてこなくなった。


だが、これがクセもの。
Comodoをインストールしてから明らかに初めてのアプリケーションを起動して
も、Comodoはどうするか聞いてこなくなった。勝手に判断して通信を許可してい
るらしい。(自動学習モードとかいうやつ?)
お前、それじゃ、ファイアーウォールの意味無いだろ!
仕方ないので、元の聞いてくるモードに戻す。
が、しばらく使っていると、またモード切替を要求してくる。
ダメだこいつ・・・


おそらく、どこかの設定画面でモード変更要求を出さないようにできるのだろう
と思われるが、それをやろうと思わなかったのはComodoを入れてから明らかに
ネットの通信速度が落ちた、と体感できたからだ。
重たいファイアウォールには用がない。


Comodoはお引き取り願い、次のファイアウォールを探す。
GoldTach3というファイアウォールが評価高かった。
さっそくダウンロードしてインストール。
が、ダウンロードした実行ファイルを実行中にAviraがウイルス警告表示。
おいおい、メーカーのホームページからダウンロードしたファイルだぞ。
別のサイトからダウンロードしたファイルでも試してみた。
やはりウイルスが入っている。
仕方ないので、あきらめた。


中国企業のファイアウォールFilseclab Personal Firewallを試してみた。
紫色の画面の格好良いファイアウォールだ。
いつの間にかバージョンアップしていた。
4〜5年前も使っていたことがあった。
あのときは何で使うの止めたんだっけ・・・


新しい通信ルールをFilseclabに覚えさせていく。
eMuleを起動してから問題が起きた。
Filseclabが次々に起こる接続を処理しきれなくなって固まった。
そうか、これだったんだ。Filseclabを止めた理由は・・・
要するにタスクが増えすぎると処理しきれなくなって落ちるのだ。
ファイアウォールとしては致命的・・・。外部からDOS攻撃したら落ちる可能性大。


なかなか好看なファイアウォールで個人的には気に入っていだけに残念。
さて、いよいよ困った。
Kerioより古いがSygate Personal Firewallをインストール。
画面は起動中のアプリケーションのアイコンが表示されているのでわかりやすい。
通信ルールを設定してからは「どうしますか?」と訊かれることもなくなり普通
に使えている。
古いソフトだけに、たぶん、今後問題が出てくる可能性は否定できないが、とり
あえず、今までの中では一番まともなので、しばらく使い続けてみるつもり。


ファイアウォールで大切なことは、不要な接続を受け付けないことと、アプリ
ケーションが勝手に通信をしないように食い止めることだ。
WindowsXP標準のファイアウォールは、受信側だけのファイアウォールであり、
送信に対しては全く考慮されていない。これではアプリケーションが裏でどんな
情報を送っているかわかったものではない。
だが、通信をして初めて役に立つアプリケーションでは、通信そのものを全部停
めてしまうようなわけにもいかない。
だから、ある条件の時は通信を遮断して、それ以外は許可する、というような細
かい通信のルールを設定できるファイアウォールでないと困るのである。
そういう機能を持つファイアウォールで、フリーウェアで設定がカンタンで軽く
て動作が安定しているもの、というのは非常に限られてくる。
だから、今回のように片っ端からいろいろなファイアウォールを試してみた次第だ。


他にも何かお薦めのファイアウォールソフトがありましたら、教えてください。
試してみたいと思います。
posted by 花花牌子 at 09:54 | 大連 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連

豚インフルエンザの影響で

豚インフルエンザの影響で、しばらく豚肉は食べられなくなった。


生姜焼きとか大好きなのに・・・


ゴールデンウィーク二日目。
今日は家族三人で開発区へ繰り出してお買い物をする予定。
たくさん人がいるだろうなぁ・・・。


別に金州の安盛や新瑪特でもいいんじゃない、と言ったが、開発区じゃないとダ
メなんだそうで・・・。
posted by 花花牌子 at 07:50 | 大連 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 大連

2009年04月27日

大変疲れた週末

土曜日の朝、なにやら体がだるい。
節々が痛い。
どうやら風邪を引いたらしい。


最近、新しいレギュラーの仕事を引き受けた。
Web広告制作の仕事。とにかく数が多い。クライアントから渡されたのはテーマ
と入力フォームだけ。
写真や文章などは自分で用意する必要がある。社員の人ならば平日の昼間に作る
ことができるが、私は基本的に昼間は別の仕事があるのでできない。夜か週末だ
けだ。
そんなわけで、週末だけの制作ということで割り当て数量を社員の人の半分に減
らしてもらった。
社員の人が週六日出勤で作る量の半分と言えば3日分。それをわずか土日の二日
で作るわけだ。


そういう仕事を引き受けていたところに風邪引きである。まったくついてない。
いくつか広告を作ったところで、ますます体の調子が悪くなってきた。
妻が心配して、病院に行って点滴したほうがいい、と言う。
お昼ごはんを食べた後、行くことを決心。服をたくさん着込んで外へ出る。
一昨日は風が強く気温は10度以下。体感温度は冬そのもの。
風邪引きの体にはこたえる・・・


病院に着いて、医者に状況を説明。
体温を測ったら37.2度。微熱だ。
点滴を用意してもらう。47元なり。
日本円にすれば、わずか700〜800円だが、大連の日系工場で働く一般の中国人に
とっては日給に相当する金額である。


点滴を開始。
点滴の間はすることがないので暇だ。そういえば、MP4プレーヤーを家に忘れて
きた。
映画も見られないし、音楽も聴けない。
しかたないので、寝ることにする。
最近寝不足気味なので、すぐ寝付いた。
2時間ぐらい眠っただろうか。点滴の瓶を見ると、まだだいぶ残っている。
よく見ると点滴がえらく遅い。医者を呼んで、もう少し早くしてもらえないかと
頼む。
医者によれば、強めの薬だから、これ以上早くできない、と言う。
仕方ないので、もう一度寝る。


途中、妻と息子がやってきた。
息子が心配そうに私のことを見ている。
以前、おばあちゃんや父・母が入院していた時のことを思い出した。
病院のベッドに横たわる肉親を見るというのは本当に切なくて不安なことなのだ。
息子も不安になったのか、私の足を手でたたく。「パパ、起きて」というジェス
チャーだ。
「パパは今起きられないからね」と妻が説明するが、息子は理解できない。
点滴室には他に咳をしている患者がいたので、妻は息子を連れて帰って行った。


点滴開始から3時間ぐらい経ったところで、やっと瓶の中の液が無くなった。
それを見ていた家族連れのお父さんが、医者を呼んでくれた。
途中、私が日本語で電話をしていたのを覚えていて、外国人だから医者を呼べな
いかも、と気を遣ってくれたらしい。
こういう些細な気遣いが非常に嬉しい。ちょっと感動した。


やれやれ、やっと終わったか、と思ったら、医者が新しい瓶と交換。
あいやー、まだ一本あったのか。
ふてくされて寝ることにする。


時計は夕方6時をまわった。
点滴開始から5時間が経過していた。
やっと終了。
服を着て立ち上がる。
ベッドのふとんを直そうとすると、医者がそのままでいいよ、と言う。
不好意思と言いながら部屋を出る。出がけにさきほどのお父さんに「さっきは医
者を呼んでくれてありがとう」と言う。
不客気という答えが心地よい。


結局、5時間も病院で過ごしてしまった。
そのため、その日は結局夜中まで仕事。
翌日は按摩屋に行ってバーグアンをしてきた。いわゆる真空吸引治療というやつ。
これは体の悪い部分が真っ赤にあざのようになる。
背中や右肩・右腕に真っ赤なあざが集中している。
マウスの使いすぎが原因だろう。


日曜の夜10時。やっと今週のノルマを達成。
こんな調子で、新しい仕事、ちゃんとやれるのだろうか。
ちょっと心配だ。
posted by 花花牌子 at 08:14 | 大連 | Comment(1) | TrackBack(0) | 大連

2009年04月24日

桃太郎も死んでしまいました

今日は冬に逆戻りしたような寒さ。

巣箱代わりの段ボールの上に座布団をおいて寒くないようにしておいたのです
が、ダメだったようです。

妻に「もう動物は買わないで、もらわないでね。」と言いました。
posted by 花花牌子 at 19:58 | 大連 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連

2009年04月20日

久々の更新

いつでもどこでもブログを更新できるようにUSBメモリでThunderbirdモバイル版
を持ち歩いている。
だが、書き込む暇も気力も無い。


原因は追加で新しく始めた仕事。
ホームページ制作なのだが、とにかく数と種類が多い。
頭の中は常にホームページ制作のことだけになってしまい、帰宅後毎晩、土日は
制作作業でつぶれてしまった。


新しい仕事は大変だが、ここ一週間で確実にPhotoshopの経験値が上がった。
お金をいただく以上、「プロ」なのだが、本職のデザイナーから見ればしょーも
ないデザインしかできなかった私が少しレベルアップしてきている。


数をこなすためには省力化を進めなければならない。
できるだけ楽をするには、ショートカットキーや画像処理テクニックを覚える必
要がある。
お客様から写真素材を提供されるのだが、決して良い状態とは限らない。
大幅なトリミングが必要だ。


先日の仕事では「トラックが目障りなので消して」という依頼があった。
電線や電柱ぐらいならば簡単に消せる。
だが、トラックとなると、その背景は想像するしかない。見えないものは見えな
いからだ。
結局、見えない背景を想像するのは止めて、別のまったく関係ない写真の背景を
合成した。


レンズにゴミが付いていたらしく、すべてのカットに黒い大きな点が載っていた。
私が撮影した写真じゃなかったので、言い訳して逃げられなくもなかったが、結
局押し切られてトリミングをした。


こうしてトリミングのテクニックばかり身についてしまう。
posted by 花花牌子 at 23:21 | 大連 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連

2009年04月14日

【便利ソフト】閉じろCD

閉じろCD
http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se319076.html


息子が成長するにつれ、私がパソコンで仕事をしていると邪魔しに来るように
なった。
特に困るのがCDドライブのボタンを勝手に押して開けること。
ノートPCと同じ薄型CDドライブなので、読み取りレンズがむき出しで、そこを指
でベタベタと触るのだ。
薄型ドライブは高めのパーツなので、壊れると困る。
黒いビニールテープを貼って、ごまかしていたのだが、最近テープをはがすこと
を覚えたらしい。
いよいよ困った事態になった。


というわけで、CDドライブのボタンをロックするソフトを探していたらあった。
皆、同じように子供のいたずらには困っているご家庭にどうぞ。


しかし、CDドライブが開かないと悟ると、今度はキーボードをバンバン叩くよう
になったのであった・・・


息子との戦いは続く・・・
posted by 花花牌子 at 21:54 | 大連 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連

2009年04月12日

【ニュースコメント】<中国製品>乗用車が安全テストで0点!「鉄くず」の汚名返上ならず―ドイツ


<中国製品>乗用車が安全テストで0点!「鉄くず」の汚名返上ならず―ドイツ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090410-00000013-rcdc-cn


ニュース記事を見ていて、別の意味で心配になった。


こういう報道ばかり見ていると「中国の自動車はダメだ!」と中国を軽視する日
本人がますます増えて、それってヤバくない?と思った。
自分は記事にある華晨汽車の車に何度か乗ったことがあるが、決してひどい車で
はない。むしろ、中国の自動車もついにこのレベルまで来たかっ、という驚きさ
えあった。
現在の中国は世界の自動車メーカーが工場進出している。OEM生産である以上、
設計図や金型、組み立てなどのノウハウは蓄積されていく。
結局物作りは「人」がすべて。
優秀な人材はよりよい条件であれば簡単に転職する。


記事では触れられていないが、華晨汽車の合弁会社のパートナーはBMWである。
華晨の車は他の中国国産車に比べてデザインが飛び抜けて良い。
足回りも実際に乗ってみた感触では、欧州車独特のやや堅めのサスペンション。
BMWのノウハウが投入されていることは間違いないだろう。


今回のテストで問題となったシートベルト着用警告装置は、中国国内では嫌われ
ている装備で、カローラにのっている知人などは、改造していちいち警告しない
ようにしているぐらいだ。中国国産メーカーである華晨汽車が標準でこの装置を
搭載していないのは当然予想できる。
今回はヨーロッパの安全基準の調査が甘かった、というだけのミスだ。今頃は安
全装置を搭載する改造も済んでいることだろう。


技術的には、いわゆる大衆車ならば遜色ないレベルのモノを作るのが今の中国で
ある。
日本の自動車メーカーの団塊世代の方々なら、わかっているはずだ。
かつては自分たちも、欧州や米国の市場に製品を持ち込む時、さまざまな規制に
振り回された苦い経験を思い出すのではないだろうか。当時と比べ、現在は更に
多くの規制が存在するわけで、新規参入は容易ではない。その中で中国メーカー
は昔の日本メーカー以上にがんばっている。


日本のマスコミはただ中国を笑っていれば済むかも知れないが、自動車産業に関
わる日本人は笑ってなどいられないことを知っている。
「ウサギとカメ」「アリとキリギリス」の童話を思い出すのは私だけだろうか・・・
posted by 花花牌子 at 12:44 | 大連 | Comment(2) | TrackBack(0) | 大連

2009年04月09日

ヒヨコが一匹死んでしまいました

朝起きたら、倒れていました。
昨夜は、やかましく鳴いていたのに・・・
一番元気だった子です。
最後までエサを食べていたのか、口の周りはエサだらけでした。
たった一元の命でしたが、最後まで一生懸命生きていました。


先日、実家の猫が死んでしまいました。
母がずっと面倒を看ていた猫です。
平成元年生まれ、ほぼ20歳という猫としては超高齢。
私にはちっともなつかなかった猫でしたが、本当に家族の一員でした。


亡くなったヒヨコはわずか三日間でしたが、私にとっては家族の一員でした。
ペットが亡くなるのは本当につらいです。


残ったピンクのヒヨコがやかましくピヨピヨ鳴いています。
最初はエサの要求かと思ったのですが、構って欲しいようです。
ちょっと遊んであげましたが、急ぎの仕事が残っているので、あまり構ってあげ
られません。
名前をつけました。
桃太郎。
ピンク色に着色されているので。
出店で売っているのは、たぶん皆雄でしょう。雌なら卵産むから簡単には手放さ
ないかと。


人間の子供もそうですが、小さいうちは本当に油断できません。


はやく元気に大きくなって欲しいと思います。
posted by 花花牌子 at 21:25 | 大連 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連

2009年04月08日

また〜、そんなもの買ってきて・・・

妻が紙袋を持って帰ってきた。


なんかピヨピヨいってるし・・・


そう、ヒヨコである。


屋台で売っている蛍光色に染められたヒヨコ。
二羽で2元。一羽1元か・・・。


妻曰く、息子に遊ばせるためと言うが、息子が本気で遊んだら、この子ら死ん
じゃうと思われ・・・。


エサは黄色の米。水を含ませて与える。


日本の屋台のヒヨコはすぐ死んでしまうが、中国のはたくましいような気がする。
三日経つが元気にピヨピヨ鳴いている。
エサをやるのは私の仕事。


ところで・・・


大きくなったらどうするのよ?コレ・・・
posted by 花花牌子 at 23:42 | 大連 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連

2009年04月07日

とりあえず復旧

ウイルスにやられたPCだが、なんとか仕事ができるようになるまで復旧した。
まずはブログ投稿ができるかどうかのチェック。
ダメだったら、昔のノートPC起動して、いろいろ調べなきゃいけない。
posted by 花花牌子 at 21:34 | 大連 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連

2009年04月06日

いや、まいった

ウイルスにやられました。

ダウンロードしたファイルを開く前にウイルス検査しようとしたら、Aviraの画
面が起動しない。
よく見たら、画面右下にはAviraのアイコンが表示されてない。


Avira起動してないじゃん・・・


仕方ないので、Aviraを再インストール。
インストーラを起動して、ファイルの展開をしている途中でエラー。
インストールできないとの表示。
たぶん、一回アンインストールしないといけないのだろうと思い、アンインス
トール。
もう一度インストール。
しかし、表示は同じ。
avarkt.dllというファイルが解凍できないらしい。


ならば、ノートPCでインストール用ファイルを解凍してから持ってくればいい、
ということでそれを実行。USBメモリを差してファイルをコピー。
が、コピーの最中にavarkt.dllだけファイルが無くなっている。
試しに、avarkt.dllだけドラッグ&ドロップでデスクトップへ持って行くと・・・
見事に消えてなくなる!


こりゃウィルスにやられた、と判断。
仕方がないのでAvastをインストールすることにした。
インストール後に再起動。


しかし、Avastの起動画面が表示されない。
ハードディスクのアクセスも落ち着いた。どうやらOSの起動は完了したらしい。
なんということだ。ウイルス対策ソフトがインストールできなくなっている。


avarkt.dllでネット検索をかけてみると、同じような症状の人がいるらしい。
(英語の掲示板)
セーフモードで起動し、Aviraを再インストールしたら直ったと書いてあった。
さっそく、セーフモードで起動。


いや・・・


セーフモードが起動できない・・・


ここまでで、既に23時を回っていた。
妻が先に寝ると言う。
修復作業は明日の朝から始めることにし、就寝。


朝7時。本日は中国の指定祝日で仕事は休み。
昨夜、考えた修復方法は、ハードディスクを取りだし、USBでノートPCに接続
し、ウイルス徹底駆除を行うというもの。
IBMやDell、HPなどの米国系PCメーカーのデスクトップパソコンは、その多くが
ドライバー無しで中を開けられる。メンテナンスがやりやすいのはこういう時助
かる。


ノートPCにハードディスクを接続し、ウイルススキャン開始。


うわ、出てくる出てくる、いっぱい検出されている。
100GBを前検査するので6時間はかかる。
ハードディスクの容量が大きいと、一度トラブルが起こった際、復旧に時間がか
かるのがネックだ。


午後2時になり、駆除終了。
ハードディスクを取り付け直して、起動。


さっそく、Aviraをインストールする。


・・・・
できない・・・


まったく同じ症状である。


仕方がない。こうなったらWindowsの再インストールである。


システム関係のファイルを修復インストールする。
レジストリはバックアップがあるので、システム関係が直れば、あとはレジスト
リをインストールするだけで、アプリケーションとの関連づけは復活するはず・・・


システムの再インストールが完了。
さっそく起動。
Aviraを再インストール


できない・・・・


もうハードディスクを初期化して再インストールするしかないのか・・・


実に屈辱的だ。


そんなわけで、今、Cドライブにあるファイルを別のハードディスクへバック
アップしながら、この文章を書いている。
仕事がたまっているので、早く復旧させないと洒落にならない・・・
posted by 花花牌子 at 18:37 | 大連 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連

2009年03月30日

あー、やられた

息子にひげそりを壊された。


ナショナルの安いひげそりなのだが、よく剃れるのでお気に入りのやつ。
さっそく実家の親に、替え刃を頼んでおいたのだが、それまでひげを剃らないわ
けにもいかない。
で、近所の雑貨屋にひげそりを探しに行った。


いろいろ見せてもらった上で、携帯電話のような格好良いデザインのものを購入
(40元)。
替え刃まで付いている。
充電時間は12時間。携帯電話と同じで、中国の製品はやたら充電時間が長い。
一晩、しっかり充電したところで、さっそく今朝使ってみた。


うん、剃り味はそれなりだが、まぁ普通に使える。
40元で、この出来なら、いいんじゃないのか。


さて、剃り終わったところで、電源ボタンを押す。


電源がOFFにならない・・・


何度ボタンを押しても、電源が切れない。


出勤時間はせまってくる。
携帯電話と違い、バッテリーは簡単には取り外せない。
このまま放っておくしかないのか・・・


ダメもとで充電用のコンセントを差し込んだら電源が切れた・・・


妻が「返品するーっ!」と怒り出した。


「じゃ、後はよろしくっ」と言い残して私は出勤。


家に帰ってきたら、別のデザインのひげ剃りが置いてあった。
どうやら交換させたらしい。
店へひげそりを持って行ったら、今度は「電源が入らなかった」そうである。
まるでドリフのコントみたいだ・・・
posted by 花花牌子 at 22:07 | 大連 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連

2009年03月28日

FTPクライアント・ソフト

定番としてはFFFTP。
利用者数はダントツらしい。
私も普段はコレを使ったいるのだが、今回、とある仕事で作成したホームページ
データをアップロードするところでつまづいた。


一つ目のファイルは転送成功。しかし二つ目のファイル転送を開始しようとする
とFFFTPが固まる。
いくら待っても転送は再開されない。
FFFTPはかつてはよく落ちるので、経験豊富なネットワーカーからは酷評されて
いた。


そこで、「堅牢」と言われている「NextFTP」をインストール。
しかし、NextFTPでも同様の症状。
これはただごとではない。


問題は顧客の用意したFTPサーバー(たぶん中国国外にある)にあるようだ。
なぜならば、よく利用する日本のホスティング会社のFTPサーバーでは何の問題
もないからだ。


FFFTPやNextFTPでは「レジューム」と呼ばれる機能がある。
大きなファイルを転送していて途中で失敗することがある。(100MBのうち50MB
転送したところで停止とか)
仕方なく、もう一度ftpサーバーにログインして、同じファイルを転送し始める
と、前回転送済みだった50MBは、もう転送する必要はなくて、残りの 50MBだけ
転送すればOK、というのがレジューム機能だ。
これは、相手のftpサーバーにレジューム機能が実装されていることが前提とな
るが、FFFTPやNextFTPではこの機能に対応しているので、大きなファイルを転送
するときは心強い。


しかし、今回の問題はどうやらそれとは違う。
ファイルサイズはせいぜい大きくても200KB程度で画像ファイルである。
画像ファイルとindex.htmlとスタイルシート。全部で30個程度。
これをアップロードしたいだけなのだが、ファイル一つ転送する毎にftpクライ
アント・ソフトが止まる。
もちろん、一度接続を強制切断し、接続し直せば、転送できるのだが、またファ
イルを一つ転送し終わったところで止まってしまう。
昨日までは、これを30回繰り返して、なんとかファイルをアップロードしていた
のだ。
もちろん、ネットでさまざまな情報を探して、ftpクライアント・ソフトの設定
をあれこれ変えてみた。
だが、状況は変わらなかった。


海外のレンタルサーバなので、サーバー設定をチェックして修正して欲しい、と
はなかなか簡単には言えない(というか話が伝わらないと思われる)
転送に失敗するのは仕方がないとしても、適当な時間、転送が止まっているのな
ら、さっさと見切りを付けて接続し直して転送を続けてくれる、そんなftpクラ
イアント・ソフトはないものだろうか?
いわゆる「リトライ機能」というやつである。


探してみたところ2つ見つかった。
一つは「airI」というソフト。
http://aitama.s61.xrea.com/06_dlul_archiver.html
裏ツールに属するソフトで、上のホームページは中国からでは見ることができない。
プロキシなどを差して接続してください。
8年前に開発がストップしてしまったソフトなので、どうかな?と思ったが、
IriaやIrvineというダウンロードソフトを使い慣れた人なら、おそらく問題な
い。操作体系が一緒だから。
ftpの接続設定をして、アップロードしたいファイルをフォルダごとリスト画面
にドラッグ&ドロップ。
あとはアップロードボタンを押すだけ。実に簡単だ。
ひたすらアップロードをするだけのソフトで、みるみるうちにファイルのアップ
ロードは進んでいく。
しばらくしたらアップロードは完了してしまった。
30回も手動でftp接続し直していたのがバカみたいである。


もう一つは「SmartFTP」というソフト。
マニアには評判のFTPクライアント・ソフトだ。
広告が表示されるものの、基本的にはフリーで使えるソフトだということだった
が、最近のバージョンアップで、30日の使用制限機能が設けられたらしい。
それならば、旧バージョンを探してダウンロードするまでだ ("" ̄д ̄)ケッ!
だが、古いバージョンではインストールの途中で「新しいバージョンにしてく
れ、これは使えない」みたいなメッセージが表示され、プログラムが起動しない
\ (`o'"") コラーッ
仕方がないので、30日お試しバージョンをダウンロード。


エクスプローラーと同じ操作方法と書いてあるが、独特のユーザーインター
フェースである。
ftpに接続はできるのだが、その設定をどうやって保存するのかがわからない。
ブックマークに登録すれば良いらしいが、そのやり方がわからない。
結局、日本語の解説ページにお世話になる。
やはり、英語表記ではわかりにくい。日本語化しよう。
日本語言語パックが用意されているので、ダウンロードボタンを押したら、リン
ク切れ。
Googleで検索しても、すべてそのページにリンクされている。日本語化はあきら
めた。


さっそくファイルをアップロードしてみる。
フォルダごと、ドラッグ&ドロップすると、なにやらダイアログ・ボックスが表
示される。
コピー先に同じ名前のフォルダがあるので、名前を適当に変えてアップロードす
るけどいいか?ということらしい。うーん、同じ名前のフォルダなんてあるわけ
ないのに変だなぁ、と思いつつ続行。
30個のファイルのアップロードは完了した。
で、後で調べてみると、同じ名前と警告されたフォルダ名はaaa(2)みたいにカッ
コ付きの数字名のフォルダでアップロードされていた。アップロードしたかった
のはaaaというフォルダなのだが、もちろんaaaなんてフォルダはftpサーバー側
には初めっから存在しない。なのに、aaaはすでに存在するからaaa(2)にリネー
ムしてアップロードしとくね、という次第なのである。
結局、後でaaa(2)→aaaに名前変更することで対応したのだが、これはおそらくバ
グと思われる。


毎週発生する作業であるし、当然30日以後も、この仕事は継続するのでSmartFTP
はあきらめ、「airI」でアップロードし、確認やファイル削除は「FFFTP」でや
る、ということに決めた。
クオリティの高いインフラやサーバーという日本の恵まれた環境ではあり得ない
今回のトラブル。
海外では、運用の際、特殊なソフトで対応することを迫られる一つの例だ。
posted by 花花牌子 at 18:46 | 大連 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連

2009年03月26日

なんか気になったので

ウイルス駆除ソフトにAvira Antivirの無料版を使っているのだが、このソフ
ト、毎日2回くらいバージョンアップ時に広告が表示される。


この間まではクールなビジネスマン風のおっさんの写真だったのだが、最近に
なってブロンドのかわいい女の子の写真になった。
おやっ?と思い、なにげに広告を見入ってしまった。(これだけでも十分広告の
効果はあるねぇ)


うーむ、ソバカスが気になる。


というわけで、朝っぱらからPhotoshopを起動し、お肌の修正をしてしまった。
まぁ、いわゆる、写真修正の練習ですな。
仕事や趣味で活躍する大事なテクニック。
結構楽しいですよ。
posted by 花花牌子 at 20:05 | 大連 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連

2009年03月25日

WBCで日本が優勝したそうなので

WBCで日本が優勝したそうなので、イチローが打ったシーンの動画でも見ようと
思った。


YouTube観られんやんっ!


そうなのだ。
グレートウォール(中国の国家ファイアーウォール)の規制で、YouTubeへのア
クセスが禁止されている。


なんか規制かかるような事件あったっけ?


まぁ、何が何でも観たいわけじゃないからいーけどさ・・・
posted by 花花牌子 at 19:42 | 大連 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連