2005年10月02日

歓迎光臨 ブログ・ネタの話

某掲示板の書き込み踏んで来られた方いらっしゃいませ。

こちらを訪れてくださったのも何かの縁。
どうぞ、てきとーに見ていってください。

まぁ、あまり好意的ではない反応ではありましたが、ここもそれなりに読まれてるんだなぁ、と再確認できた次第。



毎回話のネタには苦労しているわけですが、大連行ったら、ますますネタには苦労しそうな気がします。

まず、仕事の話は書けない。
日本人少ないからねぇ。
肝心の商売に差し障りのあることは書けないです。

じゃ、プライベートはどうか?
これもねー、あまり詳しく書きすぎると、いずれ個人特定されちゃうから(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

音楽ネタ...
これは興味のないアーティストについては皆スルーするだろうしなぁ。

IT、家電、テレビ、ネット、食べ物、着るもの...
ま、この辺りが無難かも。
他のブログとかぶるネタだなぁ(笑)。

あとは、創作の世界にするとか...。
それって大連にいる必然性あるのか...。

で、最後の選択肢としては「書かない」(笑)。

中途半端に週一回とか月一回載せるぐらいなら思い切って止めるのも手。
実際、ブログなんて毎日記事更新されるから面白いわけで...。
書くより見てるほうが楽。(あぁ、書いてしまった...)

まぁ、文章書かないとそのうち書けなくなっちゃうので、続けていこうかと思います。

(「書かなくていいよ」とツッコミいれる人。読まなきゃいいじゃん(*´・ω・)(・ω・`*)ネー )

別にお金もらってるわけでもないので(ここのアフィリエイトは散々だし(笑))、好きなこと書くだけ。
面白いと思った人はコメントください。
面白くないと思った人はどうぞそのままお帰りください。


おぉ、こんな時間。寝よ寝よ。
posted by 花花牌子 at 23:01 | Comment(2) | TrackBack(0) | 大連

2005年10月01日

コスチュームプレイ

略語のほうが皆よく知ってる言葉だが、サーチエンジンの検索で、わらわらとやってこられても困るので正式な言葉をタイトルにした。

毎日働いている場所は今更言うまでもなく「アミューズメントパーク」である。
アミューズメントパークと言えば、ディズニーランドやユニバーサルスタジオのような遊園地である。(大きく出たな...)

アミューズメントパークでは「かぶりもの」や「特殊衣装」はつきもの。

夏場のくそ暑い日でも、着ぐるみを着てスタッフ一同がんばった。

アミューズメントパークの良い点は、


大の大人が恥ずかしくないか?


と後ろ指さされるような格好してても許される場所だということだ。


今、スタッフの女の子の間では、リラックマの耳のヘアバンドが流行っている。

なんのことはない、


丸い茶色の毛玉が二つくっついてるだけ


まぁ、可愛いと言えば可愛いのだが、


自己申告されないと「リラックマの耳」とはわからない。



個人的には「ネコ耳」のほうが好きだが、あいにく、ネコ耳のかぶりものは店に無い。

さらにもっと個人的な意見を言わせてもらえば、


制服はチャイナドレスが(・∀・)イイexclamation×2


格闘ゲームは未だに根強い人気である。

ビデオゲームコーナーに「春麗」の格好をさせた(もちろんヘアスタイルはお団子2つで)スタッフを配置しておく。
これで格闘ゲーヲタク青年の黒ハートをゲットだexclamation

もちろんカラオケコーナーのスタッフもチャイナドレス着用。
部屋に食事が運ばれてくるのが楽しみになり、売り上げアップも期待できるわーい(嬉しい顔)


ウチの施設内にはフィットネスクラブもある。

たまに「マイクが壊れた」「音楽が鳴らない」などと呼び出され修理に行くことがある。

ここのコスチュームは強烈だ。

スタッフは男女関係なく半袖短パン系。



まるで体育の先生だ。


もちろん色は清潔感のある白。
小学校の頃から「体育の先生」が苦手の私は、フィットネスクラブのスタッフと話すときは、つい構えてしまう...。

更に強力なのがインストラクター。


黄色やピンクの原色系のレオタード。小麦色の肌。もちろんナイスバディ。


生インストラクターを間近で見るとゆーのは衝撃的だ。


映倫で規制すべきであるわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)



それでなくともここ半年、女性絶ちしとるのに...。もうやだ〜(悲しい顔)


ま、いずれにせよ、コスチューム着用はフロアスタッフまでとしてもらいたいものだ。



メンテナンススタッフは大工の源さんのコスチュームで



なんて言われた日には泣きが入る。
posted by 花花牌子 at 23:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連

水来了

職場の更衣室の床が濡れている。

職場の行為室で濡れて...いや、違うわーい(嬉しい顔)exclamation

最近欲求不満気味だし...大連の皆さんはいったいどうしているのかなぁ?と余計なこと考えたりして...。


ま、それは置いといて...

更衣室の床が濡れて大変なことになっている。

靴下がびしょびしょになるので、更衣室で着替えられない。

なんのための更衣室だ。


つーことで、修理屋「花」ちゃん登場。

古い建物ではありがちな「雨漏り」をまず疑ってみる。

天井を見たが、それらしき跡は無い。

そこで床のカーペットを引きはがす。


あった...


壁の下のほうから水がしみ出ていた。

では、その水はいったいどこから?

壁づたいに近くをたどっていくと...


ゲッわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)


隣の部屋から水があふれてる。

部屋のドアを開けると床は水浸し。

その水はもう一つのドアからしみ出ていた...

そのドアの向こうは...



真っ暗なプール。

なんでゲーセンの1Fにこんなプールが...。



実はそのプール。消火用水槽でした。


どうする?バケツリレーで水を掻き出すか?

今時そんなことはしません(笑)。

業者呼んで、ポンプで水をくみ出しました。

4時間後、水位が50cmぐらい下がって、水の流出は収まりました。

どうして水があふれたんだろ?


下水?


雨水?


業者さんによるとこの手の防火水槽は下水や雨水が入ってきちゃイカンのだそうです。


店内にしみ出た水をモップやぞうきんで吸い取るのは大変でした。

ぞうきん絞りすぎて手が痛いもうやだ〜(悲しい顔)


つーことで寝ようっと。
posted by 花花牌子 at 00:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連

2005年09月30日

seesaaの新機能

コメントやトラックバックに受付承認機能が付きました。
とりあえずトラックバックだけONにしてあります。

最近変な奴が多いのでコンテンツ事業者もいろいろ大変だなぁ。

よく行く大連系の掲示板が最近荒れてるんだけど、ネットの匿名性って危ういわけで、かつての某巨大掲示板サイトのノリで書き込みしてると大連の狭い日本人社会だし、そのうち手痛いしっぺ返しが来ますよって、思わなくもない。

もし「やりすぎた気に入らない日本人ネットワーカー」がいたとする。
大連でそれを特定することはたやすい。

大連の日本人は公称で3000人。
一時滞在者やアングラも含めても6000〜7000人といったところ。
その約半数がネットを利用しているとしても、たかだか3000人。
各プロバイダに監視用サーバを設置すれば、3000人の通信記録はすべてログとして残せる。
中国は「関係網」社会だから、プロバイダや公安警察のコネを利用すれば、この手の「検閲」は可能だ。
最上流のプロバイダレベルで監視されてしまえば、多段匿名プロクシを利用した発信元偽装などは無意味である。
「中国政府に批判的な書き込みをする大連在住の日本人を捜査する」なとどいう大義名分を持ち出せば、すぐに実行できると思われる。いや、すでに実行されているかもしれない。

仕事中にこの手の「たちの悪い書き込みをする社員」を抱えた日系企業はただちに対策をとったほうがよい。
しっかりと記録を残されて、社員の国外退去処分ぐらいでは済まされないかも知れない。
いや、私が中国政府関係者なら、何かの交渉の際「切り札」として、この件を持ち出すだろう。

日本では不可能なことを可能にしてしまうのが中国の「関係網」のすごさであり、恐ろしさでもある。
中国に長く滞在している外国人であれば、この「関係網」の大切さは充分に理解しており、自らの安全のためにいろいろな関係網を構築しているのは当然である。
特に何かトラブルに巻き込まれた場合、頼りになるのは関係網だ。
朋友の韓国人は大連の上級役人やおそらく政治家や公安警察などの関係網を持っている。
また別の朋友は大連の裏社会がく〜(落胆した顔)との関係網を持っている(らしいわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗))。
私は万が一の場合、これらの関係網の助けを期待できる。
でも、中国での生活で一番大事なことは「目立たないこと」だ。
関係網はビジネスや楽しいプライベートだけで利用したいものだ。
緊急事態で利用するのはできるだけ避けたい。

ちょっとディープな話だったがご容赦いただきたい。
posted by 花花牌子 at 01:08 | Comment(4) | TrackBack(0) | 大連

2005年09月28日

昨夜は飲み会でした

職場の人達と飲み会に行ってきました。

ドタキャンが出て、人数は総勢4名。
男は私一人。

居酒屋→カラオケ→クラブ

人妻ばっかりなので中国のような無茶はできませんが(どういう無茶や?)、楽しくお酒を飲めました。

また行きたいですねぇ。
posted by 花花牌子 at 22:47 | Comment(2) | TrackBack(0) | 大連

2005年09月26日

魔法

最近、仕事にも慣れてきた、と思う。

修理も手際よくなってきたし、そうすると心の余裕が生まれてくる。

お客様への挨拶も自然体でできるし、床に落ちてるゴミもよく拾うようになった。

挨拶と清潔な店内はサービス業の基本だ。

他所ではスタッフに徹底してこれらをたたき込むのだろうが、ウチの職場では分業化が進み過ぎてるのか、フロアスタッフは挨拶はできるものの、床までは気が回らないらしい。
もちろん清掃スタッフはいるのだが、午後3時には帰ってしまう。


アミューズメント施設というのは「夢」を売っている。
「虚像」と言い換えてもいい。

ディズニーランドのトイレには鏡が設置されてないそうだ。
理由は来場者の自分自身の顔を見せないため。
自分自身の顔を見てしまうと、魔法が解けてしまう。
現実に引き戻されてしまうのだそうだ。

ちょっと面白そうなゲーム機が目の前にあったとする。
ポップコーンを食べ散らかしたクズが床に散らばってたり、タバコの吸い殻が灰皿に残っていたら、そこで遊ぼうなどという気持ちは消え失せてしまう。
現実に引き戻されてしまうわけだ。

こういう現場を見たら、私はすぐ片付けてしまう。
そうすれば「夢を売る空間」が復活する。

ゲーム機というのは、血のにじむような苦労で開発されている。
ゲームメーカーの開発スタッフの「怨念」が乗り移ってると言ってもいいわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)
人気のないゲーム機はあっという間に淘汰される厳しい業界。
来場者からいかにしてお金を落としてもらうか...。
最近のきちんと設置され稼働しているゲーム機は、それだけでお客を呼び込むオーラを発している。
だからこそ「清掃」と「メンテナンス」が大事なのだ。


「メンテナンス」や「清掃」を自然体でできるようになったら、今度は別のところに気がつくようになった。

それはUFOキャッチャーの景品の配置である。
ウチでは配置の定位置がある。
景品が無くなっていたり、定位置から移動していた場合は、スタッフに声をかけてすぐに直してもらうようにしている。
景品が無い、あるいは、景品が定位置にないUFOキャッチャーは決して利益を生み出さない。
馬鹿高い電気代がかかるだけである。


先日、同業他社の店へ行く機会があった。
中規模のゲームセンターである。
友人の娘が「ドコモダケ」をどうしても欲しいという。
中国にいらっしゃる方のために補足すると、ドコモダケとはNTT DoCoMoのキノコの形をしたマスコットキャラである。
このキャラクターのぬいぐるみがあって、これを景品とするUFOキャッチャー(クレーンゲーム)はなかなかの人気だ。
私の職場のドコモダケは、小さいタイプしか残っていないので、その同業他社の店で大きいタイプがあったら欲しいと思ったのだ。

たしかに大きいドコモダケはあった。
しかし、配置が悪い。
しかも、1プレイ200円だ。

ウチの店は配置のルールがあって、慣れてくれば400〜500円で確実に景品をゲットできるように配置してある。
スタッフが慎重に位置やアームの強度を調節し、その微妙なセッティングを決めるのである。
コツをつかんだ人は確実に景品をゲットしていくし、大物景品でも1プレイ100円だ。
新しいタイプの景品は店長自らプロモーションをする。
「こういうふうにすれば取れますよ」と実演する。
実際にプレイして見せ、「ちゃんと取れる」ことを証明する。

「さぁ、貴方もどうぞプレイしてみてください」

これが「魔法にかける」ということだ。

同業他社の店は配置が悪すぎた。
たぶんあれでは取れない。1プレイ200円も高すぎる。
他の客にも見透かされているのだろう。人気の大きいドコモダケぬいぐるみなのに誰もプレイしようとしない。

「あっ、これならちょっとがんばればとれそうだ」

客にこう思わせられるかどうかで売上は確実に変わってくる。

景品は取られてもかまわないのだ。
しっかり利益が残ればよい。

お客様を「アミューズメントの魔法にかける」ために、今日もウチのスタッフは真剣に微妙な定位置の調整をしている。
posted by 花花牌子 at 22:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連

2005年09月25日

お酒

ここのところ、やっと涼しくなってきたので、ビール以外のお酒を飲むようになった。

私が好んで飲むお酒は、「バーボン・ウイスキー」「ブランデー」「老酒」。

アルコール度数の高い酒が好きなようだ。


香りを楽しんで飲めるのは、バーボンとブランデー。

バーボンはとうもろこしから作るお酒で、産地としてテキサスが有名。
テキサスと聞くと、どうも「西部劇」「安酒場」「ケンカ」って感じ。
だから「バーボン」って安っぽいイメージしか持ってなかったんだけど、熟成されたバーボンは半端じゃなく芳醇な香りなんだよね。

大連で生活するようになると、おそらくバーボンって入手しづらくなると思う。
ニセモノはあるんだろうけど。

ブランデーは意外とホンモノが多いかも。
ただし、お値段もお高いかも。

結局、老酒ばかり飲んでいそうな気がする。

ま、安くて上手いからいーんだけどね。
posted by 花花牌子 at 23:28 | Comment(5) | TrackBack(0) | 大連

2005年09月24日

早起きは三文の得、と言うが

いつもより、少し早く目が覚めて、ささっとご飯食べて、トイレして、職場へ車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)

店内を通り過ぎて、事務所前の廊下を通って、更衣室へ。






うっexclamation×2がく〜(落胆した顔)




ぬぉぉぉぉぉexclamation×2






す、すごいんです...



異臭が...




皆汗あせあせ(飛び散る汗)かくでしょ。

で、そのまま制服脱いで置いてくでしょ。

更衣室ってチョー狭いので、臭いがこもる...。



誰だexclamation換気扇停めて帰ったやつはっexclamation×2むかっ(怒り)



店は朝5時で終わり。

深夜組の奴が停めたですな。

停めちゃダメでしょexclamation×2




ファブリーズぶちまけたい〜〜っexclamation×2




早起きすると、ロクなことないです...。
posted by 花花牌子 at 22:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連

しっかり

帰りがけに電気店を三軒ハシゴした。

3軒目でキーボードをしっかりGet。

ほら、昨日酒こぼしてダメにしたからさぁ...。

今度のやつは黒いキーボード。

元に換算すると500元ぐらい。

げっ、カラオケ1回行けるやんっ!

こーゆー贅沢してられるのも今のうちやな。


おかげさまで、文字入力、快調です。


最初、通販で買おうかと思ったんだけど、やっぱ実際に感触試してみないと納得できないからさぁ...。
秋葉原行くのめんどくさいしぃ。
近場で済ましちゃった。

posted by 花花牌子 at 22:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連

2005年09月23日

うっかり

ブログ徘徊しながら、ついうっかり酒をキーボードにこぼしてしまった。

文字がまともに入力できなくなったしー(笑)。

修理屋「花ちゃん」の本領発揮で分解して清掃したものの、復活せず。



ま、いっかー。わーい(嬉しい顔)



キーボードはちと「こだわり」ありまして、だいたいいつも数千円から1万円ぐらいするものを使ってます。
パソコン通信のころから掲示板に大量に文章書き込んでたり、雑誌に連載してたりした経験から、やっぱりちゃんとした道具を使おうということで、自分なりの基準で選んできました。

壊れちゃったものは仕方ないし(壊したんだろがっ!パンチむかっ(怒り))、これで新しいの買う名目もできたので、今度の休みに秋葉原でも行ってくるかなぁ。

やっぱ安物のキーボードじゃ打ちにくいなー、と言ってみるテスト。
posted by 花花牌子 at 22:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連

2005年09月22日

松隆子(ソンロンズ)

カラオケの女の子に「おみやげ」をねだられるおとーさん、お疲れ様ですm(_ _)m。

おみやげでおねだりされるものイロイロありますが、化粧品とか香水とか、そーゆー高いものじゃなくて、女性雑誌とか(これは高いおみやげのカタログになってしまう罠)、音楽CDとか。
で、音楽CDで「何聴きたい?」と尋ねると、かなりの確率で答えが返ってくるのが今日のお題の「松隆子」。


なぜ、松隆子?



トレンディドラマで人気あったからですかねぇ?

日本のドラマは中文字幕付けられて海賊版として幅広く流通しておりまして、若い女の子たちに結構看られているみたいです。

で、中華圏の明星(スター)は歌も演技もできて当たり前つーか、松隆子はもちろんそれに該当しますなぁ。

とにかく中国では「北国の春」に次いで、松隆子の歌はよく知られているようです。
QQなんかの着メロ(鈴声)ランキング看てもわかります。

松隆子ファンには悪いのですが、音楽に関しては日本ではそれほどの人気でもないわけで、中国での人気ぶりには正直驚きました。

で、なんとなくアルバム(home grown 2003年)を聴いてみた次第。


なかなかいーかもわーい(嬉しい顔)


無茶な展開とかしないし、普通で素朴な大人のテイスト。
専門的に言うとAORっぽい。(Adult Oriented Rock=大人のロック)
中国にお住まいの方はご存じのように、中国で人気の音楽は、普通で素朴な感じのものが多い。
バラード曲が多いのが特徴だ。
もちろんS.H.Eみたいなキワモノもあるけど、彼女らだってバラード曲はあって、しっかりヒットもしている。

松隆子の音楽は中国の若者に受け入れられやすい曲調だと個人的に思ったりした。
posted by 花花牌子 at 23:03 | Comment(2) | TrackBack(1) | 大連

2005年09月21日

いろいろ状況が変化してきたなぁ

後任で来た技術部門の社員の人が別の店も担当することになった。
週のうち2日程別店へ出張するそうだ。

今まではその社員の人と同じ木曜日に休んでいたが、来月から休みもずらしてとることになった。

ということは、私が一人で修理しなければならない日が週に3日ほど出てくるわけである。


しかし、最近は一人で修理することが多くなったきたし、修理の方法論(鉄則みたいなもの)も身につけてきたので、それほど不安はない。

なんとかなるでしょ。


機械の修理はある意味楽ですね。
故障箇所を見つけて、部品を交換すればいい。

人間関係じゃこうはいかない。
ホント、一度壊れた関係を修復するのは大変ですよ(いや、別に最近壊したわけじゃないけどさ)。


次の仕事の就職活動中。
早く決まればいいんだけどねぇ。

明日は中国語教室と按摩。

寝るだ。寝るだ。

おやすみー。
posted by 花花牌子 at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連

2005年09月20日

針灸

月曜日が祝日で出勤したので今日は代休でした。

母親のお供で針灸院へ...。

指の関節の具合がよろしくないので診てもらいました。

ここの針はちょっと変わってまして、ツボを針で刺した後、血を吸い出すんですよね。

悪い血を抜くらしいです。

たいした量じゃないですけど(脱脂綿にちょっと含ませるだけ)。

背中4カ所と手足の指を8カ所ぐらい血抜きしました。

普通の針灸もしました。

まー、少しは楽になったよーな気がしないでもない。

明日、一日仕事したらまた休み。

三連休が続くとシフトが変更になるのでこーゆーことになります。

さて、お仕事お仕事。


posted by 花花牌子 at 23:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連

2005年09月19日

虫章 虫郎

今日のお題は先ほど目の前を飛行していった物体。

今年に入って二回目である。

部屋のどこかに潜んでいるのだが、見つけ出すことができない。

諦めて寝るとしよう。

昔、社員寮に住んでいたとき、胸の上を通過されたことがある。

その当時、仲の良い同期の友達も同じ社員寮にいた。

彼は夜中に寝ぼけて「握ってしまった」らしい...。

中国での生活経験のおかげで、たいていのことでは驚かなくなった。

明日になれば、ウチのネコ達が始末してくれるだろう。

動くものはなんでも「遊ぶ」から。
posted by 花花牌子 at 00:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連

2005年09月18日

迷惑メール対策

「出会い系」などの迷惑メールが多くて困っている方がたくさんいると思う。

ネットで収集したメールアドレスに片っ端から送っているので老若男女問わず届いているようだ。

ウチの母親も1週間に数十通は迷惑メール届くらしい。

本当に迷惑な話である。


私も大連系の掲示板やブログに参加するようになって、ウイルス付きメールや迷惑メールが如実に増えた。
届くメールの95%以上が迷惑メールと判明したとき、抜本的な対策をとることにした。

まずはプロバイダの迷惑メール対策機能の利用である。(Yahooなど)
これでかなりの迷惑メールを駆逐できた。
それでもあいかわらずプロバイダの規制をかいくぐってくる迷惑メールはかなりある。

次に取った対策はメールソフトである。

例えば、あらかじめ登録された家族や友達以外のメールを受け取らない、という設定はかなりの効果が期待できる。
しかし、新しい友達ができるたびに受信を許可する設定を追加する手間が発生するし、また友達のメールアドレスを偽装して送られてきた場合、これを拒否することは難しい。

こういった場合、迷惑メール対策機能を持ったメールソフトを利用するのが効果的である。

もはやOutlook Expressでは限界なのだ。

迷惑メール対策機能を搭載したメールソフトとしては、「Thunderbird」や「秀丸メール」がある。
秀丸メールは2000円のシェアウェアだが、Thunderbirdは無料なので、一度使ってみると良いかも知れない。

Thunderbird
http://www.mozilla-japan.org/products/thunderbird/

秀丸メール
http://hide.maruo.co.jp/software/hidemarumail/doc5.html

この手のメールソフトはメールのヘッダ情報を解析して自動的に迷惑メールを振り分ける(フィルタリングと言う)。
(振り分け先はゴミ箱)
特に強力なのが、「迷惑ワード」による振り分けだ。

「出会い」+「女性」+「無料」

例えば、この3つの言葉が含まれているメールは明らかに出会い系の業者のメールであり、迷惑メールと判断しゴミ箱へ直行だ。

迷惑ワードはあらかじめ数百語登録されており、それだけでもかなりの迷惑メールを追い払うことができるが、それをかいくぐってくるメールは本文中のいくつかのキーワードを迷惑ワード辞書に登録することで、次回以降はその手のメールを受信しなくて済むようになる。
自分だけのオリジナル辞書を登録するような感覚だ。

私は独自に迷惑ワード辞書を育ててきた。

おかげで、迷惑メールを見るのは月に1回あるかないか...。
これぐらいならば殆ど気にならないで日常生活を営められる。

私は長年親しんでいることから秀丸メールを利用しているが、初心者の方はThunderbirdも面白いかも知れない。
迷惑メールを駆除するとメールを読むのが楽しくなってくる。
現在、迷惑メールでお困りの方、そろそろメールソフトを変えてみてはいかがでしょうか。
posted by 花花牌子 at 00:21 | Comment(2) | TrackBack(0) | 大連

2005年09月16日

熱帯夜も終わり

今日仕事を追えて店を出たとき、外気がとても涼しく感じられた。
汗がスッと引いていく。

昨夜あたりから、エアコンのお世話にならないで寝られるようになった。
今夜は扇風機すらいらない。
実に涼しい。

仕事ではかなりの汗をかく。
黒いTシャツに白い波線がつくので何かと思い巡らしていたら、汗が乾燥して残った塩分だということに気付いた。
汗をたくさんかくと体力を消耗する。
さすがにここへ来て夏バテ気味だ。

早めに休んで回復に努めるとしよう。
posted by 花花牌子 at 23:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連

2005年09月15日

大連の壁紙

100円ショップで見つけた「ひまわりの種」を食べながらのんびり過ごす休日。
皆様は今日いかがお過ごしでしたか?(えっ?仕事?あ、世間は星期四かわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)




上の文章を中国語にしてみてください。




と、中国語の老師に言われそうだ。

まぁ、あと半年ぐらいしたら、さらっと言えるでしょうなぁ。


>今日は私の仕事は休みです。
>私は買い物に行きました。ほとんどの商品が100円で販売されています。
>私はひまわりの種を買いました。
>今、私はそれを食べています。
>皆さんはいかがですか?(今日は木曜日ですね。皆さんは仕事をしています。)

現在は、これぐらい文章を分解して簡単にしないと翻訳できないです。
後は辞書調べながら、ちまちまとやるですね。
だからすごく時間がかかる。

大連の友達と電郵するときは、この方法です。
面倒くさいときは翻訳サイトを利用するのですが、友人いわく



あなたは気が狂ったのですか?



と言うぐらいメチャクチャな翻訳だそうで、やはり手抜きはいけません。もうやだ〜(悲しい顔)


前置きが長くなりましたが、ここ2〜3日、少しテンション落ち気味なので、気を持ち直す意味でも、電脳の壁紙をチェンジしようと思った次第。

いままでの壁紙は大連のお友達の写真。(もちろん女の子わーい(嬉しい顔)
最近の中国の女の子は、芸能人みたいなきちんとスタジオで撮った写真をたいてい持っているようです。
大連の某日式カラオケでは店のママさんたちの写真がアイドルの写真集みたいになかなかセンス良く飾られています。
大連の某日系電脳企業のホームページには恋人や結婚相手を探している出会い系?のコーナーがあるんですが、そこにある写真はほとんどが大連市内の日式カラオケの女の子の写真です。
(サクラなんだとは思いますが...)
とにかく中国の女性は写真を撮られるのが上手、というか市内の写真スタジオの数の多さからしても立派なビジネスなんだろうなぁ。
自尊心の強い中国人を象徴する習慣(?)ですが、私はこういうの大好きです。

で、好看に撮れているお友達の写真がデスクトップを飾っていたのですが、テンションの持続への影響力に陰りが...あせあせ(飛び散る汗)(あ、飽きた?ボソッむかっ(怒り)パンチふらふら
ま、そんなわけで壁紙チェンジ、チェンジ。

やっと記事タイトルの話題だ(笑)。

探してみると「大連の壁紙」ってあまり無いですねぇ。
花花はやはり「大連の夜景」とか大好きなんですが、そーゆーのは全く見つからなかったしー。
あまり贅沢は言ってられません。
昼間の大連でしばらくがんばってみようかと思います。

http://www.kabegamikan.com/cgi/wall/main.cgi?key=%97%9b%96%bc%89%c0&type=2


どなたか大連の好看な壁紙ご存じの方、ご紹介ください。

posted by 花花牌子 at 23:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連

2005年09月14日

最近時間が経つのが早い

んー、なんだかんだでXデイまであと2ヶ月半。

準備のほうはとゆーと、あんまりできてないなぁ。

友人が会社設立して一緒に仕事やろうって話はとりあえず先送り。
今関わっているプロジェクトにハマってしまった様子。
まぁ、それほどショックではない。
とにかく大連に行かないことには始まらないので就職活動を開始。
エントリーシート書くのが面倒くさい。
転職ばっかりしてると、こーゆーことになる。

とりあえず三手ぐらいは打っておくつもり。
先日書いた大連の恩師の紹介の電脳会社が一手。
あとは2社エントリー。
電脳関係は少ないなりにも狙っている仕事にジャストミートする資格を持っているのと、日本での実務経験あることがアピールできるポイント。大連での生活経験があることも多少プラスポイントか。
懸念材料としては年齢が高いことぐらいかなぁ。
ま、こればっかりはどうしようもない。
いままでのキャリアを評価してもらうことを祈るばかりだ。

もちろん給料は現地採用だから今のバイト代よりも少ないと思われる。
そんなことは納得済み。
大金稼ぐために中国行くわけじゃない。
楽しく人生を過ごせると思うから大連へ行くだけだ。

食うため生活するための仕事を確保できたら、後は安心していろいろやってみたいことがある。
そのために関係網作ってきたようなもの。
小姐と遊んでばかりいたわけじゃないのよ〜♪

さて明日は中国語教室の日。午後はマッサージ行ってリフレッシュ。
ちいとばかしそれなりに疲れがたまってるので、なんとか回復しないとね。

今日はもう寝るだ。

晩安。
posted by 花花牌子 at 23:27 | Comment(2) | TrackBack(0) | 大連

2005年09月13日

団塊の世代の技術の継承

「の」が多いな。
wordだったら怒られてしまうところだ。

今夜の「報道ステーション」で特集されてた。

団塊の世代の技術が若手に継承されてないそうだ。

いわゆる私の父の世代なわけだが、モノ作り大国「日本」を築いた人たちである。
本当の意味での職人、匠(たくみ)である。

現在の自動車はロボットが生産しているが、そのロボットに加工させるための数値を割り出すのは「匠」の技が必要。

また、高い精度で製品を製造する機械も、実は匠の手作りである。

そういう団塊の世代が定年退職してしまう。

これからの日本の製造業はどうなるのだろう?

ということだ。



最近、ちょっとしたことで公共交通機関が止まったり、サービスが停止したり、いろいろトラブルが多い。
そして、復旧にものすごく時間がかかる。
「昔よりはるかにシステムが複雑」という理由もあるが、それを管理する人間の能力が団塊の世代よりも劣ってきているような気がしてならない。

お爺さんのグチのようになってしまうが、昔の技術者や職人の仕事というのは、本当に匠の技であり、素人は絶対太刀打ちできないし、その技術を持っているからこそ「本当の意味で仕事をしている」と言えた。

ところが、現在はどうだろう?
あまりにも簡単・単純な仕事が多くないか?
マニュアル通りの接客、マニュアル通りの操作...。
誰にでもできる仕事ばかりではないだろうか。

「これだったら私にもできそうだ」「なんだ簡単じゃん」という仕事は本当に「仕事」と言えるかどうか...。
以前、ここにも書いたが、マニュアル化された思考する必要がない仕事は、単なる「作業」である。

別に「作業」を否定するつもりはない。

給料を貰えれば、それは労働であり、生きていくための立派な手段である。

でも、「作業」はちょっとした工夫で「仕事」になる。

それが日本がお得意とする「改善」だ。

不良率を下げ、製品の品質を高めるような「改善」は、匠の技へとつながる。

接客業でも、ちょっとした気配りで「匠の世界」の仲間入りだ。
今日みたいに暑い日に、爽やかな笑顔で「いらっしゃいませぇ♪冷た〜いお飲み物はいかがですか?」と言われたら、断るのは難しいだろう。
ポイントは「♪」と「〜」(笑)。
大事なことは、マニュアル通りであっても、気持ちのこもった接客をするということ。
接客業は一期一会なんだから。


なんかちと話が脱線したが、団塊の世代の技術の継承も大事。そして自分の仕事に誇りを持って日々精進すること。これも大事。
ルーチンワークに満足しないで、日々創意工夫していきましょう。

仕事ってそういうものだよ。

posted by 花花牌子 at 23:34 | Comment(3) | TrackBack(0) | 大連

2005年09月12日

お出かけしてきました

母の友人の家に行ってきました。

中古電脳の販売とセッティングと使い方説明。

最近は無線LANも安くなったねぇ。
親機と子機のセットで8000円。

セッティングも超簡単。

線つないで電源入れるだけ...。


DVD観る方法と、インターネットでその人が大好きなベンチャーズのホームページを検索する方法教えてあげたら、いつになく非常によろこんでいた。

んー、この後トラブルが発生したらどうなるか、ちとコワイ気もするが(笑)。

パソコン初心者をその気にさせるにはインターネットが一番だ。
その人の趣味のホームページを見せれば目の色が変わってくる。

いい時代になったものだねぇ...。


posted by 花花牌子 at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連