2005年08月03日

昨日は平和な一日だった

修理も少なくて、ゲーム機の組み立ての練習とかやって、比較的のんびりした一日だった。
先輩いわく、こういうのは3ヶ月ぶりだそーで。

職場では一応腕時計をしている。
最初のうちは関西空港で買った2000円ぐらいの腕時計をしていた。
でも、修理の仕事は手を酷使するので、腕時計も皮バンドの消耗が激しい。
で、もちっと耐久性のあるロレックス(もどき(笑))を着用した。
ごつくて耐久性だけはありそうな時計。
自動巻き。
狭いところに手をつっこむとき邪魔だが、まぁ頑丈だからいいか。
posted by 花花牌子 at 00:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連

2005年08月01日

ぐーたらした

今日一日はよく休んだ。
エアコンの効いた部屋で昼寝をした。
母いわく、よく寝てたらしい。
そりゃ疲れてますからー。

起きてから大連の友達に打電話。
しかし、出ない。
吉林省からもう戻っているハズなのだがー。
QQにログインしてみたら、居た居た。
「電話したんだけど出ないねぇ。どうしたの?」と聞くと、
電話費が無くなったそうな。
まぁ、プリペイド携帯電話ではよくあること。
最近は日本のように受話は免費の契約もあるので、それにしたら?と薦めたら、友達とか家族に新しい電話番号教えるの大変なので...、どうやら乗り気ではないらしい。

それにしてもQQでチャット切れまくり。
この間安装した防火壁のせいだな。
ってことで別のファイアウォールを物色。
なんか面白そうなのがあったので安装。
しばらく使ってみようと思った。

とは言うものの、QQはやはりネイティブな中文環境で使わねば効力を発揮できないような気がする。
そこで、使用頻度の低い電脳本の硬盤を取り外し、余ってる硬盤を装着。
中文Windowsの安装を開始。
とりあえずWindowsは入ったが、明日続きをやろうと思った。

また携帯の話に戻るが、無駄な出費を抑えるために、日本の携帯はすべて解約した。
もともと仕事とプライベートのメールぐらいしか使ってなかったので、すべてを引き上げて実家に戻ってきてしまった以上、特に携帯が無くても困らない。
ただし、一部の朋友は携帯メールしか連絡が取れないこともあり、月々の契約料が不要なプリペイド携帯を購入した。
vodafoneの2.5G携帯で200万画素のカメラ内蔵。
これで1000元ぐらいなんだから日本は本当に携帯安いわ。
大連でこのスペックの手机なら3000元以上するだろうなぁ...。
残念ながらvodafoneのNokiaやMotorolaの3G携帯はプリペイド契約はできないのであきらめた。
大連持って行って改造すれば普通の手机として使えるんだけどねー。
posted by 花花牌子 at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連

2005年07月31日

我的愛好

用電脳、読書、音楽鑑賞...こんなとこかな。

最近は本読んでないかも。
音楽は比較的何でも聴く。
最近はオリコンチャートに出てくるJ-POPもチェックしている。
まぁ、これはカラオケのレパートリーを増やすため。
クラッシックも聴く。バロックとか好き。
Jazzは大好き。
雰囲気にひたれるのがいい。
演歌だって聴く。
洋楽は70年代から80年代にかけてよく聴いてた。
チャイナポップも大好きだ。
洋楽に近い素晴らしいアレンジの曲が多いのが嬉しい。

電脳好きなのはまいどのこと。

もうちょっと趣味増やしたいね。
posted by 花花牌子 at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連

スキルアップ

先輩社員が最近忙しいので、単独で修理をすることが多くなった。
初めての機械は修理方法がわからず、結局先輩を呼び寄せることが多かったが、最近はあまり呼び寄せることもなくなった。
いちいち指示されずとも仕事を自分で見つけて処理するようになった。
割り込みで突然の修理が入ってきても、うまくさばけた。
自分の経験値が上がったな、と実感できる瞬間だ。

「壊れた物を修理する」

結果が明確で人の役に立つ仕事だ。
実に素晴らしい。
仕事を追われ、住みかを追われ、負け犬そのもので実家に戻ってきた私。
とりあえず借金返すのと大連行く資金稼ぎのために始めたアルバイト。
40近いおっさんが落ちるところまで落ちたからこそ仕方なく始めた仕事。
でも、今はこのめぐり合わせにも感謝している。

修理という仕事は実に建設的で、世のため人のためになる素晴らしい仕事だ。
この仕事でスキルアップができることは大変ラッキーなこと。

人生順調に行ってたら、たぶん縁の無かった世界。
修理技術も身に付けることもできず、それを考えたら「ゾッ」とする。
今後の人生にとって大いに役に立つ技術だ。

失ったものが大きければ、得るものも大きい。
獲得したスキルは自信をもたらす。
確固たる自信を持つこと。
それは人生を楽しくする秘訣だと思う。
posted by 花花牌子 at 00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連

2005年07月29日

大連に行ったら何をするか

あいかわらず迷惑メールが届いているなぁ。
ウイルス付きと出会い系。
フィルタリング軟件で除去してるんだけど、たまにかいくぐってくるのもある。

で、出会い系メールを調べてみたら出所が遼寧省のcncだった(笑)。
大連系の掲示板あちこちで書き込みしてるからねぇ。
まぁ、いろんな人がいるわな。(無難な表現)


話は変わって、最近仕事の休憩時間に本を読まなくなった。
日本に来て生活している中国人のエッセイを集めた本なんだけど、皆さん相当苦労されてるようで、心と体を休めたい休憩時間に読む内容ではないなーと思った次第。

で、代わりに「大連に行ったら何をするか」というテーマで手帳に思いついたことを書き込んでみた。
主に副業関係かな。
本業だけじゃつつましい生活になっちゃうからねぇ。
そこはやはり中国人を見習って、副業でおこずかいをしっかり稼ぎたいところ。
残念ながらブログでは紹介できない内容なのであしからず。
まぁ、とにかく、いろいろアイデアが浮かんできて、それはそれで楽しい。
でも、ちゃんと稼ぐためには、企画や事業計画をしっかり立てないとね。
思いつきだけじゃ稼げんしー。
posted by 花花牌子 at 22:53 | Comment(2) | TrackBack(0) | 大連

ひさびさの物欲

そう言えばそろそろだったかな?
とPSPを取り出し、起動してみた。

PSPとゆーのはコレね。
http://www.playstation.jp/psp/

いわゆる携帯ゲーム機なんだけど、MP3も聴けたり、ビデオも見れたりする。
で、「そろそろ」とゆーのは「バージョンアップ」のこと。

ネットに接続してみたらバージョンアップソフトがあったので下載。
今回のバージョンアップの目玉はホームページ閲覧機能。
電脳のように快適にはいかないけど、ブログの閲覧ぐらいなら使えるかな、と思った。
ケータイみたいにパケ代かからないのがいいね。
無線LANのホットスポットがある場所ならどこでも使える。(マクドナルドとか)
ホテルでも使えるなぁ。
電脳いちいち持ち歩かなくていいから便利だと思った。

午後はマッサージの帰り道に大型家電店へ立ち寄ってみた。
ちょっと前から手に入れたかったものがある。

MP3プレイヤー。

大連だと199元なんてものがあったりして、現地の若者の間でも結構MP3プレイヤーって普及してて、音楽好きな私としてはぜひとも欲しかったのだ。
もともとMP3プレイヤー兼ゲーム機としてPSPを買ったハズなんだけど、ゲームやりながらMP3は聴けないんだよね(笑)。
後は大きさの問題。
PSPはジャケットの内ポケットにかろうじて入る大きさ。

ジャケット着ない夏場はどうするよ?

ってことで、どうしても小さいMP3プレイヤーが欲しくなった。


店頭で吟味すること1時間。
購入したのは下記の商品。

ネットワークウォークマン
http://million.blogzine.jp/gekiyasu/2005/04/nwe505.html

100円ライターみたいなデザインで、第一印象はいまいちだったが、一回の充電で50時間再生(他社の3倍以上の時間)、モノクロの液晶が繊細でキレイだったことが決め手となった。
中国に持って行って使うわけだから見た目は大事だ。

家に戻ってさっそく使ってみようとしたが、音楽ファイルを転送する軟件「SonicStage」の安装がどうしてもうまく行かない。
2時間ぐらい格闘の後、最新版にバージョンアップすることで問題は解消。
電脳上級者でもてこずるぞ、この軟件。

音質はかなり良いと思う。
イヤホンを最近流行りのインナーイヤータイプにすると、しっかり重低音も出る。
音質は期待してなかっただけに、これは嬉しかった。

ドカドカッとCD5枚分のデータを詰め込んで、それを聴きながらブログってみました。
posted by 花花牌子 at 00:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連

2005年07月27日

電脳ネタその2

中国のお友達に渡す電脳の安装が完了した。
XPもSP2にしてあるし、Officeも入れたし、江民殺毒KV2004も安装した。
江民はファイアウォール(防火壁)機能も付いてた。
すべて中文環境だ。
QQは安装していない。インストール時にQQ番号が必要だから。

軟件安装の間に小田和正の「自己ベスト」というCDを焼くことにする。
音がいまいち気に入らないので勝手にリマスターする。
2時間ほどでリマスター作業も終わり、さてCD焼こうとするとCD-Rドライブが表示されない。
認識されてないってやつだな。
先週は没問題だったから、ここ数日の間に何かあったんでしょうなぁ(笑)。
「毒」でもないし「黒客」でもなさそう。
Windows Updateしたらおかしくなったっぽい(笑)。
仕方がないので「システムの復元」しようとしたら、復元ポイントが全部無くなってる。
Updateした際に消えたかもー。

CD-Rドライブのドライバをインストールしようにも、肝心のドライバはCD-ROMディスクの中(笑)。
まさに「金庫の中に鍵」状態。
USB外付けのCD-Rドライブも認識されない。
インターネット経由でドライバ更新しようとしても、最新のドライバが既に入ってます、って怒られるし。
例によってWindowsのトラブルシューティング機能は役に立たず、腹が立つだけ。

こうなると一般の方はどうするんだろか?

Windowsの再インストール?

電脳を「道具」として使いこなしている私の場合、Windowsの再インストールは敗北を意味する。
本当にそれは最終手段ですよ。

2〜3年ほど前に、仕事で電脳教師やってた時に、パソコンのトラブルシューティングのスキルを証明する資格を取得したことがある。
中国通貨なら3000元ぐらいする受験料だった。
北米のIT業界ではよく知られた資格らしい。
日本でも電脳を自分で組み立てたり、プチ黒客ぐらいの知識があれば合格できる。
ただし、その検定参考書にも今回のような事例は載ってない。

こんな時、頼りになるホームページがある。

Windows FAQ ウィンドウズ処方箋
http://homepage2.nifty.com/winfaq/

Windowsにまつわるやっかいなトラブルの多くはこのホームページで解決できる。
キーワードを入力して検索すると質問と回答が見つかる。
今回の場合、CD-ROMドライブのトラブルだから「CD-ROM」で検索。
同じようなトラブル例が見つかり、回答の内容を実行したところ見事トラブル解消。

仕事で使う電脳には余計な軟件を入れないのは鉄則なんだけど、最近は毒や黒客対策でバージョンアップをしなくちゃならなくて、バージョンアップしたら今まで動いていた軟件が動かなくなってしまった、などとゆーお粗末なトラブルに巻き込まれたりして困ったものです。

あなたの電脳は健康ですか?
posted by 花花牌子 at 22:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連

2005年07月25日

今日はたくさん働いた

昼頃、どしゃぶりの雨。
ずぶぬれになりながら荷物を一生懸命運んだ。
それでなくともきつい仕事で、いつもなら「俺はいったい何をやってるんだろう?」と落ち込むところだが、今日は不思議に淡々としていた。
10t車にめいっぱい荷物を積み終わったら、修理の仕事。
気が付いたら定時を回っていた。
最近時間の経つのが早く感じられる。
このまま早く夏が終わってくれれば嬉しい。
そして秋がやってきたら、出発の準備だ。
posted by 花花牌子 at 22:33 | Comment(2) | TrackBack(0) | 大連

地雷系

先日、カラオケルームで修理をするためにソファを移動したら使用済みのコン○ームが...。
まぁ、個室だしねー、深夜営業してるし、インターフォンで呼ばない限り邪魔入らないしねー。
でも、せめて室内のごみ箱に捨てようねー。
恥ずかしかったら持ち帰るとかー。

ゲーセンという場所は夜昼逆転した生活の人たちがよく来る。
お水系の女性はすぐそれとわかる。
大連の小姐たちはどうしてるかなー?なんて思い出した。
ヲタクっぽい青年たちも多くいらっしゃいます。
目いっちゃってるよー...。
彼女いないんだろうなぁ...。

スタッフにも変わった女の子がいます。
受け答えがキッチリしてる子。
キッチリしすぎかも。
真面目なのはいいんだけどねぇ。

そういう子は気を使います。
ちょっと可愛い子なのでちょっかい出したくなりますが、絶対に手を出してはならないのが、この手の真面目なタイプの女性。
俗に言うところの「地雷系」というやつ。

良く言えば尽くしてくれるタイプ。
悪く言えばストーカータイプ。
うまく付き合っているうちは楽しいですが、ちょっと関係がこじれたりすると大変。
とことん付きまとわられます。

たいていの地雷というのは、踏んだだけじゃ爆発しないんです。
踏んだ足を離すと爆発する。
だから「地雷系」の女性の 場合、一度「縁」を持ってしまうと、なかなか離れることはできないわけで、離れるためには命を賭ける覚悟が必要というわけです。

でも、そこまで好かれてみたい気もするけどぉ、怖いからやーめた。
わたしゃ「猫系」の女性がいいや。
「かまって、かまって〜」の時と、「知らんぷり」の時の「わがまま」なタイプ。
posted by 花花牌子 at 00:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連

2005年07月24日

匂い

職場では一応香水は禁止されている。

とはいうものの、体を使う仕事をしていれば汗をかく。
会社の更衣室には、例の「水玉模様のセーラー服」がずらりと並んでいるが、数が集まるとなかなか強烈な臭いである...。
私の場合、長袖の作業着だから、彼らよりも汗をかくわけで、休みの日には持ち帰り洗濯をしているのは言うまでもない。
最初は制汗スプレーだけで乗り切っていたが、匂い好きの私としては毎日の生活に張りがない。
社員の人たちも微香ではあるが、なにかつけているようだったので、私もちょっとだけコロンをつけることにした。
香水禁止の主旨は、きつい香水で客のひんしゅくをかうのを防止するのが目的だと思われるが、汗臭かったりしては本末転倒な気がする。

欧米では、香水は体臭と合わさることで独特の自分の匂いを作る。
日本人はあまり体臭はきつくないから、どうしても香水の匂いだけが強調されることになる。
ならば、香水の種類を変えればよい。
さわやかな柑橘系にするとか、不快ではない匂いはいろいろある。

私は香水好きなので、だいたい10種類ぐらい使い分けている。
最近のお気に入りはダビドフのクールウォーター。
女性用が官能的な香りで有名だが、男性用もある。
夏場用としては他にアラミスのニューウエストも気に入っているが、これは今の職場ではきつめの匂いなので避けている。

いまのところ香水の苦情は無い。

早く夏終わんないかなぁ。
暑いのはもう不要。
posted by 花花牌子 at 08:12 | Comment(2) | TrackBack(3) | 大連

2005年07月23日

今日はちょっと良いことあった

音信不通だった大連のお友達とQQで連絡とれた。
盲腸炎で吉林省の病院に入院してるらしい。
痛いのを我慢して飛行機で移動したとのこと。
大連では一人暮らしだから、家族のいる故郷の病院へ行きたかったらしい。
手術は無事終わって来月にはまた大連へ戻ってくるそうな。
病院は暇なんで毎日電話してほしいって。
(中国の病院は携帯電話OKなんだよねぇ)

毎日電話するとなるとー、こりゃいよいよskypeでも導入するかなぁ。
人民元の相場も上がったことだしぃ。

で一方、大連の朋友から無料smsサービスの勧誘があった。
面白そうなので登録してみた。
ただし、英語圏のサービスなので漢字はつかえないっぽい。
無料で電脳から携帯へ短信が届くから便利かも。
朋友が私のこと気にかけてくれているので嬉しかった。

昨日、照片を送ってくれたお友達。
壁紙用にPhotoshopで編集加工。
画面いっぱいに明星みたいな写真が表示されるようになった。
電脳起動するたびにドキドキするねぇ(笑)。
なんか気分良いかも。
posted by 花花牌子 at 00:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連

2005年07月22日

とにかく時は過ぎて行く

メンテナンスの仕事は体力が必要。

現在、これを身をもって体験している。

首筋、肩、手、足、腰...とにかく体中のあちこちが痛い。
若い頃なら一晩寝れば回復したものが、おっさんですからー、なかなかそうはいきません。
で、痛みに耐えながら歩いていて「ふ」と思ったりするのですよ。

「自分は今なにやってるんかなー...。借金の返済さえ無ければすぐ大連行っちゃうのになー。」

仕事ってのは何をやっても面倒くさかったりきつかったりするわけで、そういう嫌がる部分があるからお金をいただけるわけで、どうせきついのなら大好きな大連でと思うのが人情じゃぁないですか。

なんでそんなに大連がいいの?日本じゃダメなの?

私の周りの人はたいてい同じ疑問を抱きます。

一番の大きな違いは、大連では自分が「外国人で日本人」だという点です。

日本にいる限り、私は同一民族の一人で、恋愛にしても仕事にしても人並み以上の努力が必要とされます。
日本人は多くの場合、決定して行動するまでが慎重で時間がかかります。
そのため目的を達成するまでに知力体力を使い果たし挫折してしまうことは多いのではないでしょうか。

大連では恋愛にしても仕事にしても早いです。
自分が外国人で日本人であることから興味を持ってもらえます。
日本というブランド力のおかげです。
物事のとっかかりとして興味を持ってもらえるというのは非常に大きいです。
あとはこちらの人間性や能力をアピールするだけでいいのですから。

大連では「関係」を通じて実に多くのVIPとあっさり会えてしまえます。
日本ではアポをとるだけで大変な人物も、大連の地では「同朋」として簡単に会うことができます。

大連では「生き甲斐」や「やりがい」を強く実感できる。
だからこそ早く大連に行きたい。
ただそれだけなんです。

現在の日本での仕事は、スキルアップにはなりますが、たぶんキャリアアップにはならないでしょう。
将来なんらかの役に立てられるとは確信してますが。

毎日忙しくて、時間が経つのが早く感じられるのがせめてもの救いです。

とにかく時は過ぎて行きます。

今の仕事を始めてもうすぐ2ヶ月が経ちます。
大連の地へ旅立つまであと4ヶ月。

今は「やるべきこと」をやるだけです。

P.S.
大連のお友達から電子メールで写真が届きました。
中国の写真館ってホントにキレイに写真撮るねぇ。
さっそく電脳壁紙にしました。
posted by 花花牌子 at 01:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連

2005年07月20日

迷惑メール

ブログでメアドを公開してから明らかに迷惑メール(スパムメール)が増えた。

自動収集軟件で集めたメールアドレスをアダルト系サイト業者にでも転売して、そこから勧誘や詐欺まがいのメールが片っ端から送られてくるのだろう。

最近のアダルト業者の勧誘メールはなかなか手が込んでいる。
出会い系サイトの女性会員というふれこみで「メル友になってくださませんか?」みたいな感じで交流しようとする。

「今はネットカフェからメールしてるので、あなたからもメールを読めないの。こっちのページからメッセージ書き込んでもらえますか?」

などと、特定のホームページへ誘導しようとするからボロが出る。

で、そのホームページへアクセスしようものなら、スパイウェアやウィルスもどきを仕込まれてPCの中の個人情報を盗み見られるか、「メッセージを書き込むには会員登録が必要です」みたいな表示を出して、個人情報を入力させようとする。
たぶん、そんなところだろう。

個人情報をGetできれば、架空の情報利用料の請求書が送られてきて、いついつまでに振り込まないと裁判沙汰になるよーみたいな脅迫文が書かれているわけだ。
住所が判らないときは上記文面が書かれたメールが届いたりする。

ホームページのアドレスが書かれてない一見本当の「メル友になりましょう」メールが届くこともあった。
この場合、よくよくメールを解析してみると、相手のメールアドレスが偽装されてることが判明。返事しなくてよかったなぁ、ということもあった。

大連系の掲示板に書き込みをしていて、現地でオフ会に参加するための連絡用としてメールアドレスを掲示板に載せたら、ウィルス付きメールがたくさん届くようになった。
毎日2〜3通。
発信元をたどってみたら遼寧省のcncだった。
つまり中国最大のプロバイダ(NTTのOCNみたいなもの)の遼寧省サーバー経由で送られてきているらしい。
掲示板では割とマメに発言してたので、気にくわないと思った人が送ってきたんかなー。
送ってくる人もマメだなー。

この手のウィルスメールや迷惑メールのたぐいはしっかり防御している。
安全軟件がちゃんと機能してることが確認できるので、まぁこんなもんかな、とも思う。

最近ではブログのSPAMトラックバックがあるね。
アダルトサイトからのトラックバック。
幸いseesaaは防御機能があるので、それを利用させてもらってるけど。

私は自分で言うのもなんだが「女好き」である。
だからと言ってアダルト業者に協力せないかん義理は無い。

中国での遊びを体験してしまった私にいまさら日本の遊びを提案されても無駄である。

つーことで、今日は寝る。
posted by 花花牌子 at 23:10 | Comment(2) | TrackBack(0) | 大連

2005年07月19日

筆記本電脳的安装

大連のお友達に渡す電脳の安装中。
日語版Windows電脳だと大連出張のお父さんが小姐にプレゼントするのと同じで芸が無い。

ここは一つ「中文版Windows」で、と考えたのが甘かった。

Windowsは起動したけど網路につながらないし〜。

中国でのサポートのこと考えてIBM(Renovo)を選択。
ドライバを片っ端から下載して安装してみるしかないなー。

それにしても表示されてる単語がわかんねー。

「我的電脳」はわかる。(マイコンピュータ)

「査看」が『表示』?

「収蔵」が『お気に入り』...

「工具」が『ツール』。

「高級」が『詳細設定』...

「幇助」が『ヘルプ』。

使い慣れたWindowsがまるで別のOSのようだ。


大連で安装すればいいじゃん。


とゆー意見はあるだろうが、大連のブロードバンドは超遅いのでWindows Updateとか大変なのよ。
あと2〜3年もすれば、「あぁ、ネットが遅い時もあったよねー」なんて感じに過去の話になってくれるんかいな?
posted by 花花牌子 at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連

2005年07月18日

暑いねぇ

梅雨が明けたそうな。
仕事終わって、職場の建物から外へ出ると、むせかえるような熱気。
今日は日中32度まで上がったらしい。
まぁ、日本の場合、気温よりも湿度が問題だ。
大連でも30度を超えることはある。
しかし、日陰に入れば充分涼しさを感じられる。
夏の夜、タクシーが窓だけ開けて走ってる。
車内に入ってくる風が心地よい。


そんな暑い中、先日の大作業の後かたづけをやった。
ゲームセンターにつきもののメダルゲーム。
メダルとゆーのは長い間使っていると摩耗してくる。
摩耗してくると、機械の中で詰まったり、偽物として機械に受け付けられなくなったりして都合が悪い。
そこで、新品と入れ替えるわけだ。
職場のメダルコーナーはかなり大きい。
300人が同時に遊べるぐらい。

入れ替えるメダルの総数は70万枚。
入れ替えであるから古いメダルを回収しなければならない。
この回収というのが大変な作業だ。
機械の中には、メダルを溜めておくタンクや、払い出すメダルを通る道=レールがある。
タンクからメダルが溢れたりして、メダルは機械の中に散乱する。
スロットマシンなどは構造が単純でこぼれたメダルの回収は超簡単。
しかし大型ゲーム機となると、すべての構造体を分解しなければならない。
大型機を分解するとなると通常は営業は無理。
とゆーことで、メダルコーナーは一日休業して、朝5時から機械の分解作業に入った。

出てくる出てくるメダルがたくさん。
ゲーム機メーカーの開発の方はぜひ、この惨状を見学すべきだ。
どこをどうしたら、こんなところにメダルが入り込むのか。筐体の分解がどれほど大変なことか。

結局、作業が完了したのは翌日の10時。
アルバイトやパートは時間になれば帰れたが、社員の人は遅くまで作業をしたらしい。(途中仮眠はとったみたいだが)

で、それだけ苦労して集めたメダルを今度は本社へ送り返さなければならない。
そこで、今日の作業は山積みになっているメダルを小分けにビニール袋へ入れて靴箱ぐらいの小さな段ボール箱に詰めるとゆーものだった。

できあがった小箱はフォークリフトの台へ乗せる。
そこで、困ったのは積み方だ。
メダルは集まると金属の塊と同じだから、ものすごい重量だ。
下手な積み方では崩れて大変なことになる。
そこで、先輩社員と、あーでもない、こーでもない、と積み方を試行錯誤した。
こんな書き方をすると「和気あいあいと仕事してたのね」と思われるが、小箱は


一つ20kg以上だ。


それを、あーでもない、こーでもない、と積み替えてみるのだ。


超ハードなパズルだ...。


バッチリ冷房の効いた倉庫なのに大汗かいた。
posted by 花花牌子 at 22:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連

2005年07月17日

観るだけなら楽しい

先週、大きな荷物が2個届いた。
浦島太郎に出てくる「大きな葛籠(つづら)」みたいなやつ。
中身は



どピンクの着ぐるみ。



原色系はそれでなくとも目立つのに、よりによって「ピンク色」である。


無視することができない存在感だ。



で、その正体とは「駅前留学のNOVAうさぎ」だった。


こんなん
http://www.namco.co.jp/ar/event/novausagi/


社員の女の子が交代で着るそうだが、中は相当に暑いらしい。
30分が限度とのこと。

子供が寄ってくるわ、コギャルにケータイで写真撮られるわ、大変な騒ぎだった。

個人的には美国アニメの誰もが知ってる「鼠キャラ」よりははるかに可愛いと思う。

中国ならば、やはり「キティちゃん」だろうか。
「Qoo」もイケるかも知れないな。

真っ赤な空気で膨らましたアーチもいいが、キティちゃんやQooの着ぐるみを2〜3体うろうろさせるのはどうかな?
子供や若い女の子にウケると思うんだけどなぁ...。

ただし、


ケティちゃん


とか


Boo


とかゆー偽物はやめよーな。
posted by 花花牌子 at 22:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連

2005年07月16日

行動範囲

基本的に職場の往復だけ。
職場は隣町。車で15分。

毎週木曜日は中国語教室へ行く日。
これも職場と同じ隣町。
帰りに同じ隣町の中国整体院へ行く。

これだけ。

電車で1時間かからないんだから、都心へ遊びに行ったらどぉ?
なんて意見は却下。
没有銭のときはどこへも出かけないのが一番。

それでも自家用汽車があるだけ大連より行動範囲は広い。

大連の場合、せいぜい遠出して星海公園・南山花園ぐらい。
基本的にタクシー初乗りで行ける程度の範囲しか移動しないし。
路面電車は乗れるようになったが、バスは未体験。
いずれ自分で汽車運転したいねぇ。
でも雪が降ったときは仕事休むか、歩いて出社するとしよう。
posted by 花花牌子 at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連

棚卸し

会社の棚卸しは先日終えたばかりだが、今日のブログのテーマは、その棚卸しではなく「自分の能力の棚卸し」。
要するに「自己PR」ということなんだけど、一時期教職に就いてて、学生の就職指導なんてものをやってたおかげで、自己PRのツボはなんとなく心得ている。

自分の能力を一覧表にしてみることはとても大事なことだ。
学生には「できるだけ具体的なものを書いたほうが良い」と指導していた。

・野球が大好き。阪神の大ファン。好きな選手は○○。
・ビーマニ(ビートマニア)はかなり自信があります。

(阪神ファンかぁ。情熱的なんだろうなぁ。一生懸命仕事しそうだな。)
(ビーマニ得意なら反射神経良いんだろうなぁ。気配りとかできそうだ。営業の仕事とか向いてるかも。)

なんて企業の採用担当者は想像してくれるかも知れない。
要は相手にどれだけ想像してもらえるかが、勝負の分かれ目だ。
ただ単に「真面目で明るい性格です。」なんて書いても普通すぎる。
印象に残らないし、想像してもらえない。

とにかく自分を売り込む場合「こんなこと書いたら笑われるかも?」と思うぐらい個性的な自己PRをしたほうが良い。

私は今日の「棚卸し」で「大連で日本人の喜びそうな接客場所を知ってる」と書いた。
「中国人の習慣や礼儀などについていろいろ知っている」なんて真面目なことも書いているが、自分に正直に変に着飾ることなく自己PRしてしまうことがポイントだと思う。
「私は真面目に仕事しますけど、夜の遊びも大好きですよぉ」って。

で、この棚卸しの自己PRの文章作ってどうするかとゆーと、いつでもどこでも出せるようにしておくのが目的。
とりあえず大連の朋友には送っておいた。
一緒に仕事する上での参考になればいいかなと。

今は8項目ぐらいしか書けてないけど、もっとスキルアップして項目を増やしたいねぇ。
大連には優秀な中国人多いからさぁ、こっちも負けないようにがんばらないとね。
posted by 花花牌子 at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 大連

2005年07月14日

疲れてるなー

久しぶりに8時間しっかり寝たハズなのに、中国語教室での授業が眠い。
眠いと老師に指されて、しどろもどろになりながら答える。
寄る年波には勝てないのだろうか?
仕事がきついんだよなぁ。
とはゆーものの先輩社員は朝6時から夕方6時までの勤務。休みは木曜日だけ。
ゲーセンの他の正社員もたいてい12時間拘束だ。
それに比べれば完全週休二日で9時間拘束の私なんか楽なほうである。
それでもキツイもんはキツイ。

中国語教室の後に図書館へ行った。
按摩の予約時間までの暇つぶし。
雑学本を読みながら寝てしまった。
内容がつまらなかったからではない。
単に疲れていただけ。
本の内容はデジタル・デバイドをテーマにしたもの。
シリアスじゃなくてコミカルな切り口。
80年代の管理職はパソコンなんて知らなくても威張っていられた。
90年代になるとそうはいかなくなり、2000年を過ぎるとパソコン使えない奴はリストラされる始末だ。

私の場合、パソコンはプログラム組む程深くは付き合わなかったが、パソコン通信をしたり、雑誌に原稿書いたり、通信カラオケの音楽を作るぐらいには道具として使いこなしていたと思う。
いかに快適に文章を入力するか、とか漢字変換辞書を自分仕様に学習させたりしてた。
黒客(ハッカー)技術も興味があって雑誌などを読み漁ってた。
おかげでパソコンはだいぶ詳しくなったように思う。

今日読んだその本では、パソコンとの付き合い方について注意すべきと書かれていた。

「パソコンを使うことが目的になってはいないか?」

雑誌に原稿書いてた経験から、ゼロからモノを生み出すいわゆるクリエイティブな仕事では、クリエイティブの本質である「アイデア」自体は、パソコンを必要としないことを私は知っている。
アイデアを残しておくには、紙と鉛筆があれば十分だ。
そのアイデアをいろいろと組み合わせて「ひとつの作品」を創り出す過程でパソコンは有効な道具となる。
試行錯誤が簡単に行えるからだ。

私の場合、ブログのネタも紙にメモが基本。
文章自体は、いきなりパソコンで入力するが、アイデア自体は、紙にメモする。
いちいち「アクセサリ」−「メモ帳」を開いたりしない。

チャットをしたりゲームをするのはパソコンの使い方としては最高の贅沢だ、と私は思う。
パソコンが無くても「仕事」はできる。
パソコンができるのは、あくまでも「作業」だけである。
本当にクリエイティブなことや、真の意味で「仕事」と言えることは、人間でなければできない。

パソコンに使われる人間にはなるな!
使いこなす側の人間になれ!

posted by 花花牌子 at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連

2005年07月12日

リフレイン...

今日はいつもより1時間早く出勤。
メダルゲームのメダルを新品に交換する作業のため。
交換なんてちょろいちょろいと思ったら甘かった。
70万枚の新メダルを入れるには、古いメダルをすべて除去する必要がある。
ゲーム機械の奥底へ入り込んだメダルを除去するには機械を分解しなければならない。
メダルゲームの機械はとても大型だ。
機械が大きいと分解も時間がかかる。

「太鼓の達人」とゆー、ゲームセンターではかなり人気のあるゲームがある。
その姉妹ゲームとして登場したのが「メダルの達人」
この機械には5台の端末が接続されていて、それらを一台一台バラしていくのである。
なかなか時間のかかる作業だ。
その間、動作試験も兼ねて電源を投入しておく。

すると、メダルの達人のテーマ曲(ボーカル有り)が流れてくる。
メーカーの社員が歌ってるんじゃねーか?と思うぐらい「個性的な声の持ち主」が歌っている。
作業中、延々と音楽が流れるので、記事タイトルのように頭の中で「リフレイン(繰り返し)」するのだ。
これはなかなかたまらん仕打ちだ。
ヤマダ電機のテーマ曲以来の経験だ。

今晩メダルの達人が夢で活躍しそうである...。
posted by 花花牌子 at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連