2005年04月30日

実家に寄生中

なんか久しぶりに美味しいもの食べたよーな(笑)。

長時間車運転して辛苦了。
今日は寝ます〜。
posted by 花花牌子 at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連

2005年04月29日

【シリーズ・大連移住計画】その3<荷物整理ほぼ半分終わりました篇>

六畳和室の荷物整理が終わり、これで残すは二部屋だけとなった。
一畳半の押し入れの中身をすべて出して整理した。
実家に持って行くものを部屋の隅に寄せ、捨てる衣類は袋に詰めて再び押し入れの中に(笑)。
黄金節が終わったら一気に捨てるぞ、と。

またもや大量のフロッピー・ディスクの整理に時間を取られた。


フロッピーなんかそのまま燃えないゴミで捨てりゃいいだけじゃん。


とお思いのアナタは若い(笑)。


私が後生大事に保管してたのは、昔懐かしい


5インチのフロッピーディスクだ。



ケース入りCDと同じぐらいの大きさのディスクが、たぶん2000枚ぐらい。
5インチのディスクってのはご丁寧にも一枚一枚「エンベロープ」という紙製の袋に入っているので、燃えるゴミのエンベロープと燃えないゴミのフロッピーディスクとに分類せねばならないのだ。

しかし、改めて見ると、この5インチのディスクというのは大きいなぁ。
昔は、これをディスクドライブに差して、ガチャコンガチャコンとデータ読み込ませて、


一生懸命お仕事してま〜す黒ハート


みたいな雰囲気があった。

「マイ・ディスク」を持ち歩いて仕事するのが、ステータスだった(笑)。

MS-DOSとか勉強して、スマートなCONFIG.SYSを書いたり、自分だけの「賢い」日本語変換辞書を学習させたり、と、充実した時代だったよーな気がする。

ま、現在は現在で、Windowsの環境を結構自分仕様に改造しちゃっているので、結局電脳を扱う姿勢は変わっていないかも。
posted by 花花牌子 at 20:42 | Comment(1) | TrackBack(0) | 大連

2005年04月28日

【シリーズ・大連移住計画】その2<ビデオ500本捨てました篇>

本日は清掃場を3往復しました。

結構遠くて、片道30分ぐらいかかるのが難点。

一回の捨てる重さが100kg以下ならば税込み525円。
3回だから、1600円弱。120元ぐらい(すぐ元に換算するし)。

壊れたプリンターも3台捨てたぞー。
(つーか壊れたのを後生大事に3台も持ってたことが有問題)

日中の最高気温は30度。
暑い中、重たい荷物を何度も運んだので、少々バテ気味。

こーゆー時、大連ならば、青島純生を飲みながら水餃子食って、その後按摩に行ってリラックスしてから、イゴッソ(イタ飯屋)のカウンターでバーボンでも飲むんだけどなー。
友達と中式KTV行くのもいいなぁ。

ま、日本に居て妄想してても仕方ないので、健全にテレビ見ながら晩飯食ってます。

友達から連絡あった。
もしかしたら大連移住計画早まるかも知れない。
荷物整理に弾みがつくってもんです。
posted by 花花牌子 at 20:18 | Comment(2) | TrackBack(0) | 大連

2005年04月27日

【シリーズ・大連移住計画】その1<これまでの進捗状況篇>

一身上の都合で突然退職することになり、これを機に、かねてから念願の大連移住計画を開始した私。
しかし、大連移住までの道のりは遠い...。

とりあえず計画はこうだ。
まずはとにかく引越せないかん。会社名義の賃貸マンションなんでいつまでも居るわけにはいかないしー。
引っ越し先は関東の実家。
実に16年ぶりの出戻りである。

実家に戻ったらとりあえず何かしら仕事せないかん。
車のローンが少し残ってるし、大連で貯金は使い果たした(笑)。
金使いの良さは、一部の中国人とよく似た性格だなぁ、と我ながら思う。
「無くなったらまた稼げばいいさ」と言ってられるのは、安定した仕事があってのこと。
今回のような状況になってみると、貯金の少なさがうらめしい。
貯金がしっかりあれば、即大連へ行ったのは言うまでも無い。
ま、このあたりは、自腹切って、大連のナイト&デイ・ライフをしっかり勉強させてもらったと自分を無理矢理納得させて、今後の仕事では「接待」などにそのノウハウを生かしていこうと思う。

話がそれた。

とりあえず、今、最優先で頑張らねばならないのは、引越のための荷物整理である。

とにかく、人を自宅に招待できないぐらい荷物があるので整理は並大抵のことではない。
実に16年分、2t車にめいっぱい乗る量である。
大連にこれだけの荷物を持っていくことは論外だし(笑)、実家にも置き場所は無い。
弟は、貴重な(本人談)荷物を保管するために保管庫をレンタルしたぐらいだ。
ということは、必要最低限度の荷物だけを実家に持ち込み、それ以外はこちらで処分しなければならない。

いったいどのような荷物があるというのだろうか?
実は自分でも、しっかり把握できてはいない。
出張でここ一年、月の半分以上は家を留守にしていた。日本にいる時は、「面白い」が「寿命を削るような特殊な仕事」ばかりだ。週末はビデオ鑑賞かインターネットで遊んでリフレッシュしてたように思う。
1年半ほど前に引っ越してきた時は、落ち着いたら、不要な荷物を少しずつ整理しよう、などと「甘く」考えていたが、実際整理なんてものはしてなかった。
そのような訳だから、どこにどんな荷物があったか覚えていない(笑)。

現在のマンションの間取りは、

・玄関
・廊下
・トイレ
・洗面所
・風呂場
・六畳和室
・六畳キッチン・ダイニング
・六畳洋室

いわゆる「2DK」である。

備え付けの収納タンスや押し入れに収納しきれず、洗面所のスペースや廊下まで段ボール箱を積み上げていた。
先週の16日ぐらいから、荷物整理を始めて、途中知人の突発的な仕事でまるまる2日自宅で作業し、ギックリ腰やったりと、6日ほどロスしているため、実質10日間ぐらいの作業である。

基本は段ボールを開梱し、中身をゴミの種別分類し、ゴミ袋に詰めて、指定日にどんどん捨てる、という段取りになる。
ゴミの種別によっては一ヶ月に一回して収集しないとか、粗大ゴミはダメとか事情があるので、行政のホームページで粗大ゴミの処分場を探し出し、そこへ持ち込むという段取りだ。

これまでの成果は、玄関・廊下・洗面所、廊下奥の備え付けの収納タンスの中の荷物の整理が完了。
雑誌類などの燃えるゴミだけは、清掃所に持ち込み捨ててきた。
段ボール5箱(120kg)。

明日は、燃えないごみとしてビデオテープを中心に処分したいと思っている。
段ボール8箱。600本ぐらいか。
車には一度に5箱しか乗らないから、2往復は必要だな。

なんか、しばらくは「ゴミ処分日記」になりそうな予感(笑)。
posted by 花花牌子 at 21:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連

2005年04月26日

おっ?おぉぉぉ!

今日の昼頃、NHKのBS1を見て思わず発したのがタイトルのセリフ。

叶姉妹も真っ青のアジア系のえらい美人のおねーちゃん揺れるハートが画面に登場してた。

なんじゃ、この色気ムンムン(死語やなたらーっ(汗))のねーちゃんはexclamation&question

舞台はベトナム。
米国へ留学し、貿易の仕事でキャリアを積んだその美人のおねーさんは、ベトナムの友人の熱烈な誘いで祖国に戻って起業したとゆー話。

なんか数年前の中国みたいな話やな。

現在、オリンピックを前にして好景気な中国へ皆目がいってるが、中国の次はベトナムかなー、と思ったりした。

何を隠そう、去年ぐらいまで私は、金髪おねーさんフェチだった。
プレイボーイに出てくるようなナイスバディの金髪おねーさんとおつきあいしたいなー、とゆー健全なおじさんだったのだ(笑)。

それが、この一年ばかり、大連へひんぱんに行くようになって、すっかり


中国のおねーさん(ただし東北地域限定(笑))は(・∀・)イイ!!


と趣味が大きく変化してしまったのだ。


やはり


「絵に描いた餅」よりも「目の前の女性」


である。


東北地方限定には訳がある。

以前に南の広州へ行った際に、中国人でもフィリピン系やベトナム系の、なんとも「濃い顔立ち」の女性を目撃し、大連の長身ですらっとした中国美人ばかり目にしてきた私には、


やっぱり大連が(・∀・)イイ!!


と思った。

しかし、今日のBS1のベトナム女性はすごかった。
あーゆーおねーさんがおるならば、ベトナムに対する認識を改めなければならない。


でも、とりあえず今は


やっぱり大連が(・∀・)イイ!!
posted by 花花牌子 at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連

2005年04月25日

萌えるゴミ、もとい、燃えるゴミ

普通なら日常の「燃えるゴミ」として少しずつ捨てられるんだけど、引越ともなれば、一度に大量に出てくるわけです。

雑誌やら今となっては古すぎて古本屋でも処分できないような「電脳の参考書」やら出てくるわ出てくるわ(笑)。

段ボール箱にして5箱分。120kg。


あんちゃん、よー溜めたねぇ。


清掃場のおっちゃんに呆れられた。

処分費用は


140円


安っexclamation


まだまだ処分しなきゃなんねぇ荷物はたくさんある。

さぁ、午後の部、好工作ロ巴exclamation

posted by 花花牌子 at 14:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | 大連

2005年04月24日

Σ( ̄Д ̄;)ゲッ!<その2>

去年ぐらいから気づいてはいたんです。

自分の汽車に異常があることは。

エンジンかける時とか、急ブレーキ踏んだ時に


ガタガタ音がする。


もうさすがに12年乗ってますから、雨漏りもあるし、何かのネジが一本緩んでんかなー、ぐらいにしか思ってなかった。

とりあえず、今年の秋まで乗れればいいし、


ま、いっか


と思っていたんですね。


ところが、今日、エンジンかけたときに、やっぱりいつものように「ガタガタッ」と音がして、天気も良いし、緩んだネジ見つけて締めよっかなぁ、とボンネットを開けたんですね。

フンフン♪


ん?




なんだ?




このボルト、下向いてないか?



そうなのです。
よく見ると、

エンジンをボディに固定している太いボルトがおじぎしてます。



Σ( ̄Д ̄;)ゲッ!


エンジンは片側外れてシャーシに乗っかってるだけだったとは〜〜。


これから黄金節に帰省しようっちゅーに、このまま帰ってたらエライことになってたかもーがく〜(落胆した顔)


とにかくいつもお世話になってる整備工場へ行きました。



日曜日でシャッター閉まってるしーexclamationexclamationあせあせ(飛び散る汗)



GS、イエローハットなどへ行くことも頭をよぎりました。

しかし、いくら修理にかかるか分かったもんじゃない。
それでなくともオレには金が無いのだexclamation×2ふらふら


よしひらめき自分で直そうexclamationむかっ(怒り)パンチ


かくして、タイヤ用のジャッキでエンジンブロックをジャッキアップ。

おじぎしてたボルトを取り出して点検。
うむ。特に異常は無さそうだ。

ボルトを正確にはめ込んで締め付けて完了。


なんだ。簡単じゃん。わーい(嬉しい顔)


大連での長期に渡る出張生活で、私も中国人のようにたくましくなったなぁと自画自賛グッド(上向き矢印)

(最後に無理矢理大連の話に引っ張ってる感があるよーな...)
posted by 花花牌子 at 14:32 | Comment(2) | TrackBack(0) | 大連

2005年04月23日

これからの中国ビジネス

今天、近所の中国整体院に按摩をしに行ったのですが、院長さんに

「これからの中国の仕事は『食べ物』が良いですよ!」

と強く言われました。

手机や電視や汽車など、生活必需品は一定に普及した。これからは中国に無い珍しい食べ物が受けるそうな。
例えば「納豆」とその院長さんはおっしゃった。

私「真的ロ馬?」

院長「真的!」

私「中国人、納豆食べられますか?」

院長「納豆おいしいですよ。健康にも良い。」

院長老師は言い切られました。

うーむ、どなたか挑戦してみますか?


まぁ、確かに老師のおっしゃることも一理ある。

中国は生きていくための食料は豊富だが、庶民の実際の食生活は割とマンネリで、炭水化物比率が高いかも知れない。
おかゆとか蒸しパンとか餃子とかがそう。

中国で痛感するのは、生きていくためには必ずしも必要ではないが、生活を楽しくしてくれる食べ物である

スイーツ

で、美味しいものがほとんど皆無という点にある。

あ、ライチとか果物は除外するよ(笑)。
杏仁豆腐もまぁ、例外ではあるが(笑)
ゴマ団子も除外せんとなぁ。

なんだ、結構あるじゃん(笑)。

つーか、今のところ3つだけだ。

まぁ、とにかく、中国は美味しいスイーツの種類が少ないのは事実である。

昨今、日本のスイーツ職人は世界的に見ても高く評価されている。
なにしろ、日本人の味覚は敏感だ。
ちょっとでも味が濃すぎたり粗雑だと、その店の評価はがた落ちだ。
微妙な味加減で若い女性から支持された店は、メディアで紹介され、時として流行を作り出す。

大連にも、過去何度か、日本の一流スイーツ職人が招聘されたらしい。
しかし、それはデパートなどの新規開店記念期間だけだったり、イベントの間だけだったりしたため、職人が日本に戻ってしまったら、どうしようもない味に変質してしまった、という話はよく聞かれる。

一つ本気で大連に乗り込んでくるスイーツ職人がそろそろ出てきてもよいのではないだろうか。
日本で美味しいとされるスイーツは中国大連でも美味しいとされる。
中国だから、味を濃くしないとダメ、という危惧もあるだろう。
しかし、そこはプロモーション次第だ。
かつて、日本でも、ポカリスエットを初めとするスポーツ飲料が登場したとき、「なんだこの薄い味は!」と酷評された。
しかし、その後の「ダイエット」「健康」を前面に押し出した「甘さ控えめキャンペーン」により、日本の清涼飲料水は現在の中国のような激甘を脱したわけである。

中国でも、同じことは可能だと私は信じる。
今の激甘飲料が尋常でないことは、我々日本人なら、皆理解している。
中国は外国人の思うようにはいかない国かもしれないが、一方で非常に合理的な国でもある。
激甘はコストも余計にかかるし、歯や健康にも良くないし、ロクなことはない。


スイーツで大連に乗り込もうexclamation

と気勢を上げてみたわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)
posted by 花花牌子 at 21:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連

過去の精算

大連移住プロジェクトの前哨戦として、来月とりあえず実家へ引っ越すわけだが、現在そのための荷物整理を進行中。
まぁ、これは先日ブログで書き込みした通り。
ギックリ腰やってちゃ世話ないけどね。

社会人となって、すぐ実家を飛び出してから十数年。
最初は4畳一間の質素な社員寮暮らしだったが、今や2t車にめいっぱい乗る(前回の引越がそうだった)荷物に囲まれる生活。

一番大きな荷物は汽車。
新車で買って12年乗ったのだからたいしたものだ。それぐらいお気に入りの車なのだが、ブログで紹介すると、私がすぐ誰だか特定されるのでやめとこう(笑)。
これはさすがに次の車検更新はしない。
大連に引っ越す直前に処分しなければならないだろう。
左ハンドルならば船賃5万払って大連に持ち込んだかも(笑)。
しかし私の国産車ではそれも無理。
いずれ大連で車買ったるでー。
貧乏ではあったが、前の仕事の関係でいわゆる高級外車はいろいろ運転した経験がある。
だから左ハンドルでも特に問題はない。

毎日少しずつ荷物の整理をしているわけだが、10数年前の懐かしいモノがいろいろ出てくる。
学生時代のもので社会人になっても持ち込んだのは電脳だけだった。
それから毎月の給料やボーナスでいろいろモノを買い込んだ。
同期の連中はそれこそ繁華街へよく飲みに行ってたらしいが、当時、付き合いの悪い私はひたすら己の物欲のままにモノを増やしていたように思う。
今でこそ、「大連の夜の帝王」みたいな誤解をされるぐらい大連の夜を満喫している私だが、社会人になった当初から友人知人たちと健全に繁華街で遊んでいたら、今頃は所帯を持ち、中間管理職として部下をこきつかう毎日かも知れない。(時折危険な火遊びをしてる可能性大やな(笑))

で、ここへ来て、当時から集めてきたモノを処分しなければならなくなったわけだ。
私にとっては思い出の品物ばかりである。
しかし、それらの品物を狭い実家に持ち帰るわけにはいかないし、ましてや大連にまで持っていけるわけがない(笑)。
過去は過去として心に留め置くだけとして、私が大事にしなければならないのは、これからの人生である。
今、ここにある荷物で、実家や大連に持って行くべきか、処分すべきかの判断基準は明確だ。
今後の私の人生にとって必要不可欠なモノは持って行くし、懐かしがることはあっても今後決して使うことはあり得ないモノは処分しなければならない。

結論として、持って行くものは、現在使用中の電脳・AV機器のみ。それ以外のものはすべて処分。書籍は中国語学習に関するものだけあれば充分。

出張で大連へ行ってた時は、ヒマをつぶすものといったら文庫本と最近ではPSPぐらい。
とは言え、実際はそういったもののお世話になることはあまりなかった。
仕事が無茶苦茶忙しかったとゆーわけではない。どちらかと言うと仕事終わってからのほうが面白かった(笑)。でも決してお金をたくさん使ってたわけじゃない。
貧乏なら貧乏なりの遊び方も覚えた(笑)。

とにかく大連は刺激的で面白い街だ。

大連での新しい人生のために、今、過去を精算しなければならない。

過去は私の記憶の中に残るだけでいい。
posted by 花花牌子 at 00:10 | Comment(2) | TrackBack(0) | 大連

2005年04月21日

チクショー腰が痛いー

で、久しぶりに近所の中国式按摩行ってきました。

老師にあいさつ。

花花「あれ?女の子不在だね。どうしたの?」

老師「中国に帰りました。」

1年間の技術研修を終えて中国に帰ったらしい...。

うーむ、私が長期に大連へ出張してた間やな。
ちと寂しい話だ。

13億もいる中国人と一生のうちにどれだけの人と出会えるかはわからないが、これからも「縁」は大切にしたいと思う。

もちろんも大切にしたいわーい(嬉しい顔)


まぁ、なにはともかく、腰の痛みは少し楽になった。
posted by 花花牌子 at 22:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連

q(>_<、)qウッウッ→o(ToT)o

久々に音楽聴いて泣いた。

年取るにつれて、どうも涙腺が弱くなってるな...。

昨日お知らせした通り、怒濤のMP3下載が継続中であるのだが、昨日のファイルを試聴して
いて、タイトルの通り滂沱してしまったのだ。

曲は「張信哲」の「白月光」。
http://mp3.baidu.com/m?f=ms&rn=&tn=baidump3&ct=134217728&word=%B0%D7%D4%C2%B9%E2&lm=-1

いわゆるバラードなのだが、メロディラインが懐かしい感じで、ハイトーンな張信哲のボー
カルが実に良い。

台湾でも大人気の音楽。「鳥肌が立つ」「涙がほろほろこぼれる」「最愛の人を思い出す」などの高い評価がされているそうだ。

で、歌詞を調べていたら、MISIAの「Everything」を作曲した松本俊明氏の音楽と判明。
韓国ドラマ「大長今」のテーマ曲にもなっているらしい。

台湾・香港のチャートでも「おっ、いいねぇ」という曲はわりとたくさんある、が、涙が出て
きたのはこれが初めてだ。
台湾でも「涙流した人」が結構いるみたいなので、大連の友達に聴かせてみて、どう反応する
か見たいと思った。
posted by 花花牌子 at 00:25 | Comment(2) | TrackBack(1) | 大連

2005年04月19日

下載中!

日本じゃ、ファイル交換でMP3ファイルがやりとりされて、CDの売上が落ちたとか(因果関係は無いみたいな研究発表もあるが)、なにかと話題になってますね。

中国では、サーチエンジンでMP3ファイルの検索とダウンロード(下載)のサービスを提供しています(笑)。
最新の曲でも下載できてしまう。
海賊版のCDより音質も良かったりするので、なんかそれって有問題やろ...って思ったりしないでもないが、まぁいいか。

で、3日前から怒濤の1万ファイルの下載を継続中。
結構いい感じの曲がいっぱい見つかる。

BGMとして一日中聴いてます。
posted by 花花牌子 at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連

2005年04月18日

Σ( ̄Д ̄;)ゲッ!

やってしまいました....





何を?





アレです、アレ...。








ギックリ腰...




ふらふらマジ、辛かった...。


友達呼んで、病院行ってきました。

車乗ってる間に落ち着いて、診察受けてる時は症状は回復。

一応、痛み止めの飲み薬と貼り薬を処方してもらった。

2〜3ヶ月前に、大連でもギックリ腰やったんだよなぁ...。

あの時は、脂汗流しながらタクシー乗って、友人の按摩師のところまで行って緊急按摩してもらった。
ギックリやった時は背中とか腰を按摩するんじゃなくて、足とか足裏を重点的に按摩するのね。
間接的に腰のツボを攻めるつーか、体全体の緊張緩和を計るというか、1時間ぐらいの按摩でギックリ腰の痛みは取れたんですよね。

さすがに今回は日本に居たので、そうはいかなかった。

大連の時のギックリ腰の原因は、出張先の同志からは


また夜激しくヤリ過ぎたんでしょ?揺れるハートハートたち(複数ハート)


とからかわれたんですがちっ(怒った顔)、ヤルことはヤってたキスマークグッド(上向き矢印)のは事実なんでわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)もう少し控えようかなと反省したもののバッド(下向き矢印)、よくよく考えてみれば、あの時は前の晩、寝てるときにちゃんと布団かけてなくて、腰冷やしたんだよねぇ。


今回はたぶん引越で荷物の片づけしてるからだな。
中腰で結構長い時間作業してるから。


寄る年波には勝てないのだろうか...。


あぁ、悲しき中年...。


(大連行ったら毎朝太極拳でもしようと思ったりした...)
posted by 花花牌子 at 23:11 | Comment(1) | TrackBack(0) | 大連

2005年04月17日

大連うまいモノその4

大連商場の1Fなどで売ってるお酒のおつまみ(乾きもの)。

日本では腹立つぐらい高い「さきいか」が大連ならば「おやつ」程度の価格。
味も変わらない。
酒飲みには嬉しいことだ。

が、ハタと気づいた。

日式カラオケで出てくる「つまみ」は安い...



まぁ、そうだよなぁ。

大連の日式カラオケ倶楽部はたいてい日本のキャバクラではあり得んぐらい多めの「つまみ」が出てくる。

水割りガブガブ飲んで、つまみバクバク食うと お腹一杯。


こーゆー不健康なことはマネしないようにね。
posted by 花花牌子 at 23:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連

2005年04月16日

サウナでオススメのマッサージ

金百合や清洗浴といったスーパー銭湯に行ったらぜひ体験してもらいたいのが


耳マッサージ(耳そうじ)


日本と同じ普通の竹製の耳かきで按摩小姐がそうじしてくれる。


アナタ、耳の中、キタナイ


失礼な小姐やなぁちっ(怒った顔)

どうやら、耳そうじのすべての日本人客に同じこと言ってるらしい(笑)。

しかし、この後の技で、そんなことはどーでもよくなってしまう。

「こより」みたいなものを耳の中に入れられたと思ったら、


敏感なスポットをコチョコチョ攻撃exclamation&question


こ、これはマジに効きます。
口開けたまま恍惚な馬鹿面をさらすことになる(笑)。

病みつきになること間違い無し。

ぜひご体験ください。
posted by 花花牌子 at 22:58 | Comment(1) | TrackBack(0) | 大連

2005年04月15日

えい、チクショー!って感じー

とりあえず故郷へ引っ越すために荷物の整理をしてるわけだが、粗大ごみの処分で困った。

我が家には20年近く前の古い電脳が数台ある...。
そう、現在、日本では電脳の処分にお金がかかる。

電脳本体が一台につき3,150円。ディスプレイにいたっては4,200円だ...。

ざっと処分しようとした電脳を勘定したところ、すべて処分しようとすると5万円近くかかる計算(4,000元ですぞっ!!)。

アカン...。

ただでさえ金欠なのに...。
しかたない、一番かさばるディスプレイだけ処分するとしよう...。
あとは実家へ持って行く(迷惑だなー)。
帰省途中山奥で捨てちゃおうかなー、とゆー気分にもなる。

もうちょっと柔軟な法律にできなかったんかねぇ...。
製造後10年を経過した電脳は粗大ゴミとして処分できるとかさぁ。
実際リサイクルする価値があるのは製造後5年以内の電脳ぐらいでしょ?

中国のリサイクルはすごい。
基板のICまで剥がすもんなぁ。
マンションの下に古い電脳捨てておけば、すぐ誰かが持っていくだろうなぁ(笑)。

待てよ?
コンテナ1つの輸送費っていくらだ?
どうせ年内に引越の荷物送るので、コンテナに古い電脳入れちゃうのも手だな(笑)。

我ながらアホなこと考えてるなー。
posted by 花花牌子 at 23:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連

2005年04月14日

先人達に感謝!

今月限りで現在の仕事を辞めることになった。
まぁ、ブログでは語れないいろいろな事情がそこにはあるのだが、まぁ、それは置いといて、とにかく私にとっては、大連移住計画への大いなる前進である。

昔から「将来はああしたい、こうしたい、こうなりたい」という夢や希望があったのだが、気がついてみれば、その夢は実現していた。
夢というのは実現してみると、若い頃期待してたほど良いものじゃなかったりして(笑)、


うーん、こんなものか...


ってことが多い。

しかし、今回の「大連移住計画」については、具体的な夢や希望はあまり持ち合わせていない。
なにしろ、ここしばらく月の半分以上は大連で生活していたのだから、私にとっては現実的な話だ。

出張で行くのはもう慣れた。
しかし大連に住むために引っ越すとなると話は別だ。
そこで、いろいろ大連駐在の方々のホームページやブログを拝見させていただいている。
海外で生活しようなんてことは初めてであるから、本当に先人達の情報は貴重で助かる。

今は没有銭・若干ローン残有りなので(笑)、まずは貯金しないとね。
大連で中国人のたくましさを見てきたから、アルバイトでもなんでもやってがんばるさ。
半年以内になんとかなるでしょ。もう失うものも無いし。

先人達に感謝しつつ、前進前進!
posted by 花花牌子 at 23:01 | Comment(4) | TrackBack(0) | 大連

2005年04月12日

最近の仕事『名簿作り』

どーも最近胃腸の調子がよろしくない。
まー、仕事でいろいろとストレスが溜まっておるのだろう。
頭使う仕事はしとらんのだが、作業とはいえ、のんびりやってると眠くなって、うとうとしとると上司に何言われるかわからんので、隙を作らないように気が張ってるんだろうなぁ。

特定業界について、日本全国の名簿作りつーのをやってる。
名簿作ったら、別会社の人がDM発送。
「下手な鉄砲数打ちゃ当たる」みたいなことをするほどコストの安いDMじゃないので、見込みのありそうな顧客の検索抽出が鍵になる。

以下の話は、企業の経営者やWeb担当者には参考になるかも知れない。

DMを出すか出さないかの基準は、その会社が現存していて、操業していて、当社の商品を使ってくれる可能性のある業務内容かどうかだ。

電話帳データで、企業名・電話番号・住所・業種までは簡単に手に入る。
企業によってはホームページのアドレスまで載せてくれている。
で、電話帳の特定業種の全データを一度テキストデータに落とす。
それを全部印刷する。で、そのリストに○×でチェックを付けていくわけ。

ホームページのアドレス掲載がある会社はとにかくアクセスしてみる。
業務内容をチェック。その会社の「ウリ」の商品をチェック。
当社の商品を使ってくれなさそうな会社は、この時点で除外。
ホームページにアクセスしようとしたら、「ページがありません」と出た場合は、とりあえず保留。まぁ、リンク切れほっとくような会社は潰れてる可能性大。印象不好。

次にリストの会社を個別にgoogleで検索。
この作業をやってると分かってくるのは「常用語を会社名にすると損をする」ということ。

例えば「株式会社 新企画」「(株)生産技術」なんてのは、検索で見つからない。
タウンページにホームページアドレスを掲載しておくか、よほどしっかりプロモーションをしておかないと、自分の会社のホームページを見つけてもらうのは至難の業だ。

ホームページも見つからないのはまだいい。次に検索される可能性がある。
「工事中」は最悪だ。やる気のない会社としか思えない。
そういう会社は無条件にリストから外される。
「なんでもできます、やります」的な感じで、いろいろ仕事内容を列挙してる会社も結局信用ならない。「私たちの会社のウリはズバリコレです!」みたいに明確でないとホームページを見てもらえない。
凝ったFlashを長々と見せられるページもうざったい。
短時間で必要な情報の見極めをしとるのに、Flashで時間をとられるのはたまらない。
「Skip」が無かったりすると最悪だ。
高いお金払ってFlash作っても、ネットサーファーから嫌われたんじゃ元も子もない。
(わしには元も無いし子もおらん。あー、さぶいオヤジギャグ...)

かように企業のホームページというものは印象が大事だ。
posted by 花花牌子 at 21:39 | Comment(1) | TrackBack(0) | 大連

うぉーい

11日中に記事投稿したのに、エラーで無視されたあげく、日付変わっちまったい(笑)。

seesaa重すぎ!

金曜日にはサーバ増設されるらしいが、ちっとは軽くなるんだろか?

posted by 花花牌子 at 00:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連

2005年04月10日

たまにはマジメに(最近の反日デモについて思うこと)

長期出張経験のおかげで、だいぶ中国の雰囲気をつかんできたから思うんだけど、日本で報道されている最近の反日デモって、ことさらに大きく報道されすぎかなーという気がする。
まぁ、マスコミは大げさに報道する傾向があるからねぇ。

友人知人によれば、大連ではいたって平穏みたいだし。

まぁ、よく掲示板などで「中国について語る」人が多いけど、中国のこと語るのなら、まず最低でも半年ぐらいは現地で生活しなきゃ。
それも、一般的な市民の生活レベルで。
自分で買い物して、自炊して、中国人と仕事・飲食・遊びをとことん付き合って、それでやっと彼らのモノの考え方の一部分が理解できるようになってくる、と私は思う。

日本人の学生二人がケガをしたらしいけど、外国人がトラブルに巻き込まれるのはめずらしいことじゃない。反日デモが話題になっていなければ、報道はされなかったことだろう。

どの国でも、極端な思想を持っている人達は存在する。
一部の中国人が極端な行動に走っているだけで、それをマスコミで報道されると、「だから中国は危険」のような考えが広まるのは遺憾だ。
日本にも極端な思想に走る方々は存在する。
「だから日本は危険だ」という評価をされているだろうか?
我々自身、そのような方々の行動を見聞きして「あー、またいつものことだよ」と受け流しているのでは?
中国の一般市民の感覚とて同じこと。

結局、マスコミが騒ぎすぎ。
我々も、報道に踊らされず、中国については、もっと大らかな気持ちで対応していかないと。
疲れちゃいますからね(笑)。
posted by 花花牌子 at 23:41 | Comment(2) | TrackBack(0) | 大連

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。